[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、次の目標は「オリンピックもある」 ファンへ向け日本語で「カッタヨ」

テニスの4大大会・全豪オープンは20日、女子シングルス決勝で世界ランク3位・大坂なおみ(日清食品)が同24位ジェニファー・ブレイディ(米国)を2-0(6-4、6-3)で破り、2年ぶり2度目の優勝。4大大会は昨年の全米オープンに続く連勝&通算4度目V。これで昨年8月から、2つの試合前棄権を除き公式戦21連勝とした。

全豪オープンで2年ぶり2度目の優勝を果たした大坂なおみ【写真:AP】
全豪オープンで2年ぶり2度目の優勝を果たした大坂なおみ【写真:AP】

試合後のインタビューで次の目標を公言

 テニスの4大大会・全豪オープンは20日、女子シングルス決勝で世界ランク3位・大坂なおみ(日清食品)が同24位ジェニファー・ブレイディ(米国)を2-0(6-4、6-3)で破り、2年ぶり2度目の優勝。4大大会は昨年の全米オープンに続く連勝&通算4度目V。これで昨年8月から、2つの試合前棄権を除き公式戦21連勝とした。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 歓喜が思わず溢れた。大坂は勝利の瞬間、試合中の表情とは一転、まるで少女のような笑みを浮かべた。そしてスタンドのファンに満面の笑みで両手を振った。

 冷静にプレーを続け第1セットを先取。ミスが続く場面でも決してメンタルは乱れなかった。第2セットでも先にブレークするなど、4ゲームまで連続で奪うと、最後まで冷静に押し切った。

 テレビインタビューで試合後の心境を問われると、「ホッとした。とっても嬉しいです、とってもホッとしています。まだ実感がわきません」と安堵の笑みを浮かべ、そして勝因については「正直、とても緊張していました。だから落ち着くこと。全てのポイントで戦うことを意識していました」と振り返った。

 今大会感情的になる場面は多くはなかった。精神面での成長が伺えることについては「経験が大切だと思います。いろんなことを経験してきましたから、少しずつ自信をつけてきたと思います」と分析している。

 4大大会で連続優勝。次の目標については「目標はコンスタントに結果を出すことです。オリンピックもある。ハードコートトーナメントもある。いい結果を残したいです」と語り、日本のファンへ向けては日本語で「コンニチハ、ミナサン。キョウハガンバリマシタ」と言い、「(英語で)ごめんなさい、緊張しました」と笑った後は、再び日本語で「カッタヨ」と続けはにかんでいた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集