[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、セリーナ撃破でV王手に海外記者も感嘆「本当に支配的」「驚異的だった」

テニスの4大大会・全豪オープンは18日、女子シングルス準決勝が行われ、世界ランク3位の大坂なおみ(日清食品)が同11位セリーナ・ウィリアムズ(米国)に2-0(6-3、6-4)で勝利。優勝した2019年以来2度目の決勝進出を果たした。これで昨年8月から、2つの試合前棄権を除き公式戦20連勝となった。

セリーナ・ウィリアムズを破り、決勝進出を決めた大坂なおみ【写真:AP】
セリーナ・ウィリアムズを破り、決勝進出を決めた大坂なおみ【写真:AP】

全豪オープン準決勝、セリーナに完勝

 テニスの4大大会・全豪オープンは18日、女子シングルス準決勝が行われ、世界ランク3位の大坂なおみ(日清食品)が同11位セリーナ・ウィリアムズ(米国)に2-0(6-3、6-4)で勝利。優勝した2019年以来2度目の決勝進出を果たした。これで昨年8月から、2つの試合前棄権を除き公式戦20連勝となった。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 4大大会では18年全米決勝以来となるセリーナとの対戦。第1セット、大坂はいきなり第1ゲームでブレークを許してしまうスタート。第3ゲームでもブレークポイントを握られたが、最後はサービスエースを決めてキープした。

 続く第4ゲームではブレークバックに成功。ファーストサーブがなかなか決まらない苦しい展開でも粘り、第6ゲームは見事なダウンザラインを披露してまたもブレーク。ラリーでポイントを重ね、第7ゲームまで5ゲームを連取するなどこのセットをとった。

 苦しい序盤を耐え、波に乗った大坂。第2セットは第1ゲームをいきなりブレーク。自らを大声で鼓舞した39歳セリーナに対し、190キロを超えるサーブで連続ポイントも奪った。第8ゲームはダブルフォルトを繰り返すなど乱れたものの、第2セットも奪取。グランドスラム通算24勝目を目指した“因縁”の相手を下して2年ぶり2度目の決勝進出を果たした。

 強敵を破っての2年ぶりの決勝進出。海外のメディア関係者もツイッター上で拍手を送っている。

 米紙「USAトゥデー」のコラムニスト、ダン・ウォルケン氏は「ナオミ・オオサカがセリーナ・ウィリアムズを6-3、6-4で破った。本当に支配的だった」と称え、また「NBC・ニューヨーク」のリポーター・ブルース・ベック氏も「24度目のグランドスラム制覇を目指したセリーナが厳しい敗戦を喫した。しかし彼女が敗れたのは現在20連勝中の素晴らしい選手、ナオミ・オオサカだ。オオサカはグランドスラムの準々決勝以降では完璧な成績を残している。9勝無敗だ。驚異的だった」と驚きをつづっている。

 大坂は決勝で、世界ランク27位のカロリナ・ムホバ(チェコ)と同24位のジェニファー・ブレイディ(米国)の勝者と対戦する。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集