[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米ヘビー級21歳がデビュー8連続KO なぎ倒す“大の字KO”に米喝采「何てKOだ」「ヤバい」

ボクシングのヘビー級プロスペクト、ジャリッド・アンダーソン(米国)が13日(日本時間14日)、米ラスベガスでキングスレー・イベ(米国)と対戦。強烈なワンツーでふらつかせ、左で豪快に仕留め6回KO。デビューからのKO勝ちを8に伸ばした。相手を大の字にする実際のシーンの動画を、米興行大手「トップランク」が公式ツイッターで公開。米ファンは衝撃を受けているようだ。

KO勝ちを収めたジャリッド・アンダーソン【写真:Mikey Williams/Top Rank via Getty Images】
KO勝ちを収めたジャリッド・アンダーソン【写真:Mikey Williams/Top Rank via Getty Images】

デビューから8連続KO、21歳アンダーソンに注目

 ボクシングのヘビー級プロスペクト、ジャリッド・アンダーソン(米国)が13日(日本時間14日)、米ラスベガスでキングスレー・イベ(米国)と対戦。強烈なワンツーでふらつかせ、左で豪快に仕留め6回KO。デビューからのKO勝ちを8に伸ばした。相手を大の字にする実際のシーンの動画を、米興行大手「トップランク」が公式ツイッターで公開。米ファンは衝撃を受けているようだ。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 豪快にぶっ倒した。アンダーソンは6ラウンド、相手の左フックをスウェーで避けると、そのまま右ストレートを着弾。死に物狂いで反撃を繰り出してきたイベのパンチをかわし、ワンツーを横っ面に叩き込む。グロッキー状態となっている相手に、最後は返す刀で左フックを当てた。

 イベはそのまま後ろに卒倒。大の字になったところで、レフェリーは試合をストップした。

 トップランクは「オー・マイ・グッドネス。ジャリッド・アンダーソンが再び!」と添えて、リングサイドから撮影した実際のKOシーンを公開。これに米ファンからは「完璧!」「次世代の偉大なアメリカ人ヘビー級選手だ」「カメラアングルがいいね」「おやすみ」「何てKOだ」「ヤバい」「印象的だ」などと驚く声が上がっている。

 アマ時代には全米選手権を連覇。トップランクと契約を結び2019年のプロデビューから8連勝とした。“ビッグ・ベイビー”の異名を取る、21歳ホープの今後が楽しみだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集