[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「明らかに、これは異常なルーティン」 ドイツで生まれた“トリックCK”に海外仰天

海外サッカーで奇妙なセットプレーが注目を浴びている。ブンデスリーガ2部の試合でコーナーキック(CK)の際に、6人の選手がペナルティーラインの線上に縦一列に並び、実際にコーナーを蹴る瞬間を海外メディアが動画付きで公開。「今までで最も奇妙でクリエイティブ」と報じられている。

海外サッカーで奇妙なセットプレーが注目を浴びている(画像はイメージです)
海外サッカーで奇妙なセットプレーが注目を浴びている(画像はイメージです)

カールスルーエSCの“奇妙な”コーナーキックが話題

 海外サッカーで奇妙なセットプレーが注目を浴びている。ブンデスリーガ2部の試合でコーナーキック(CK)の際に、6人の選手がペナルティーラインの線上に縦一列に並び、実際にコーナーを蹴る瞬間を海外メディアが動画付きで公開。「今までで最も奇妙でクリエイティブ」と報じられている。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 現地7日に行われたカールスルーエSCとヤーン・レーゲンスブルクの一戦。前半、カールスルーエSCが得た右CKで驚きの光景が広がった。青いユニフォームを着たカールスルーエの6人の選手が、ペナルティライン上に縦に一直線に並んだのだ。相手チームも困惑しているようだ。

 そしてキッカーが助走をとると、一斉にゴール方面に走り出した。最後はヘディングシュートが惜しくもゴールの枠を外れたが、まさに相手の虚をつくトリックプレーだった。

 このシーンに注目しているのは英スポーツメディア「スポーツバイブル」だ。「カールスルーエSCは今までで最も奇妙でクリエイティブなコーナーキックを思い付いた」の見出しで、驚きのプレーを報じている。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集