[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

14歳ワリエワ「北京五輪について話すのが怖い」 露の逸材が五輪メディアに胸中告白

フィギュアスケートの昨季のジュニアグランプリファイナル女王カミラ・ワリエワ(ロシア)が、IOC運営の五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」のインタビューで来年に迫った北京五輪についての思いを明かしている。

カミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】
カミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】

オリンピックチャンネルのインタビューで14歳が語ったこととは

 フィギュアスケートの昨季のジュニアグランプリファイナル女王カミラ・ワリエワ(ロシア)が、IOC運営の五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」のインタビューで来年に迫った北京五輪についての思いを明かしている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 ワリエワは昨年12月のロシア国内大会・ロシア杯第5戦で合計254.86点という衝撃の高得点で優勝した。参考記録ながら男子の優勝スコアを7点も上回った14歳は、北京五輪のメダル候補として大きな期待をかけられている。

 4月に15歳の誕生日を迎えるワリエワは、五輪シーズンからシニアデビューが可能となる。同メディアのインタビューで「『あの小さな女の子は誰?』と言われないよう、大人のスケーティングを見せたいです。『彼女はまだ15歳なんだからあれでオッケーだ』とは言われないように。どの選手も求められるのは結果。だから、成熟したスケートが必要なのです」と口にしている。

 一方で14歳の少女らしくナーバスな面も覗かせており、「明日のことは分からないし、ましてや1年先なんて分からない。だから、北京五輪のことは考えないようにしています。全ては自分次第。他のことは考えないようにしています。誰もが北京五輪出場を夢見ています。でも、私はそれについて話すのが少し怖いので、あまり話さないようにしています」とも話している。

 五輪はどの選手にとっても「夢」だと言うワリエワ。「もしそこに出ることができたら嬉しいに違いありません」と目を輝かせ、憧れの存在についても言及している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集
//slim stat用トラッキングコード