[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渡邊雄太、トロント地元紙も本契約を後押し「賢く効果的なディフェンダーが足りない」

今季のシュート精度は「上出来」と評価

 また、同メディアは「もし彼がシュートを決めれば、必要な時は20分間は出場できるだろう」と得点力についても言及。合計23得点を記録した過去2戦について「シューティングは9本中7本成功で、そのうち3ポイントシュートは6本中5本を決めている」と成功率が高かったことを伝えている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 昨季まで所属したグリズリーズでは、過去2シーズン33戦で決めた3ポイントシュートが計5本だった。今季はこれまでと比べても「上出来」と記述され、「シューターとしても成長しているようで、Gリーグとサマーリーグ、プレーシーズンでも3ポイントシュートでいくらかの成功を収めていた」と注目している。

 今季14試合の出場で平均出場時間は12分42秒だが、最近5戦中2試合で20分以上出場するなど徐々にプレー機会を増やしている。このまま評価を上げ続けられるか、今後も目が離せない。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集