[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

23歳のメイウェザー、全勝の強豪王者を5度も倒した圧巻TKOに米興奮「やはり史上最強」

ボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザーの、20年前の圧巻TKO劇が再び脚光を浴びている。2001年1月20日に行われたディエゴ・コラレスとの一戦。当時33戦無敗の相手から計5回のダウンを奪い、TKO勝ちした。実際の映像を米メディアが公開すると、米ファンから「やはり史上最強」「階級の歴史を作った」などと反響が集まっている。

2001年1月20日、フロイド・メイウェザー(左)はディエゴ・コラレスを破った【写真:Getty Images】
2001年1月20日、フロイド・メイウェザー(左)はディエゴ・コラレスを破った【写真:Getty Images】

当時無敗のコラレスから計5回ダウンを奪いTKO勝ち

 ボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏の、20年前の圧巻TKO劇が再び脚光を浴びている。2001年1月20日に行われたディエゴ・コラレスとの一戦。当時33戦無敗の相手から計5回のダウンを奪い、TKO勝ちした。実際の映像を米メディアが公開すると、米ファンから「やはり史上最強」「階級の歴史を作った」などと反響が集まっている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 華麗なパンチで難敵を沈めた。20年前に行われたコラレスとのWBC世界スーパーフェザー級タイトル戦だ。メイウェザーは10回に、自分より身長が6センチ高い相手の顎を左フックで打ち抜き、ダウンを奪った。攻め立てるメイウェザーはさらに右ストレートを2発左頬辺りに着弾させると、コラレスはたまらず膝をついた。

 立ち上がったコラレスだったものの、陣営がタオルを投入しメイウェザーのTKO勝ち。実際の映像を米スポーツ専門局「ESPNリングサイド」の公式インスタグラムが、「20年前の今日、フロイド・メイウェザーがパワーを見せつけ、ディエゴ・コラレスを5度ダウンさせた」などとつづって公開。米ファンからは「やはり史上最強だ」「あの日、この階級の歴史を作った」「とても危険な戦いだったと思う」「フロイド史上最も素晴らしい勝利」「この試合覚えているわ」「フロイドの全盛期」などと反響が集まっている。

 メイウェザーは「国際ボクシング名誉の殿堂博物館」に今年殿堂入りすることが発表された。2月20日にはYouTuberのローガン・ポールと対戦することも決まっており、引退してもなお、多くの注目を集めている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集