[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

176cm110kg巨漢ハンドボール選手が世界一決戦で躍動 海外笑撃「ヘビー級が目奪った」

エジプトで行われているハンドボール世界選手権で110キロという巨漢選手が活躍し、ネット上で話題となっている。その正体は初出場となったコンゴ代表のゴーチエ・ムバンバイ。ふっくらとした腹を揺らしながら、華麗にシュートを決めるシーンが拡散され、海外メディアも「ゴールシーンがSNSで話題に」「コートで躍動するヘビー級」などと報じている。

ハンドボール世界選手権で110キロの巨漢選手の活躍が話題となっている(画像はロシア放送局「ロシアトゥデー」HPより)
ハンドボール世界選手権で110キロの巨漢選手の活躍が話題となっている(画像はロシア放送局「ロシアトゥデー」HPより)

世界選手権で4得点、コンゴ代表ムバンバイのプレーが話題に

 エジプトで行われているハンドボール世界選手権で110キロという巨漢選手が活躍し、ネット上で話題となっている。その正体は初出場となったコンゴ代表のゴーチエ・ムバンバイ。ふっくらとした腹を揺らしながら、華麗にシュートを決めるシーンが拡散され、海外メディアも「ゴールシーンがSNSで話題に」「コートで躍動するヘビー級」などと報じている。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 世界一を目指す大舞台で主役になった。15日に行われたアルゼンチン戦。コンゴの背番号15、ムバンバイは異彩を放っていた。コート上で一人だけ明らかに違う体格。腹回りは力士のように出ており、ハンドボール選手のようには到底見えない。しかし、動きは機敏だ。味方からパスを受けると、跳び上がって華麗なシュートでゴールを連発。コートに転がった後、起き上がる動作はやや鈍いが、懸命なプレーぶりは伝わる。

 大会公式サイトの選手ページによると、身長は176センチ。ロシア放送局「ロシアトゥデー」はこうしたプレー動画を紹介し、記事を掲載した。「堂々とした240ポンドのコンゴのスター選手が、ハンドボールの世界選手権で注目を浴びる」と特集し、「コンゴのスター選手であるゴーチエ・ムバンバイがゴールを決めたシーンがSNS上で話題になっている」と紹介している。

 初出場となったコンゴはアルゼンチンに22-28で敗れたものの、記事では「26歳にムバンバイは4ゴールを決め、中でもコートで躍動するヘビー級ということでも人々の目を奪った」と称賛。ネット上で目の当たりにした海外ファンからも「約110キロもあるのかよ」「誰も止められない」「ジェームズ・ハーデンが飛んでいるよう」「おかしいね」「笑ってしまう」などと反響が広がっていた。

 東京五輪の前哨戦となる今大会は日本代表も出場している。まだ1次リーグの初戦が終わったばかり。SNSで話題となったコンゴ人スター選手はさらに注目を集めることになりそうだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集