[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

テネルが大会史上最高スコアで首位発進、V3目指す15歳リウが2位…全米選手権女子SP

フィギュアスケートの全米選手権は14日(日本時間15日)、女子ショートプログラム(SP)が行われ、2018年の女王ブレイディ・テネルが今大会の女子SP史上最高得点となる79.40点で首位に立った。3連覇を目指す15歳アリサ・リウは75.40点で2位。マライア・ベルが72.37点で3位に続いた。

ブレイディ・テネル【写真:Getty Images】
ブレイディ・テネル【写真:Getty Images】

18年女王テネルが貫録の首位、元女王ゴールドは12位 フリーは日本時間16日

 フィギュアスケートの全米選手権は14日(日本時間15日)、女子ショートプログラム(SP)が行われ、2018年の女王ブレイディ・テネルが今大会の女子SP史上最高得点となる79.40点で首位に立った。3連覇を目指す15歳アリサ・リウは75.40点で2位。マライア・ベルが72.37点で3位に続いた。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 3大会連続で表彰台に上がっている22歳のテネルが貫録を見せた。冒頭の2回転アクセルから、ルッツ―トウループの連続3回転、3回転フリップと全てのジャンプを成功。ノーミスの演技で80点に迫る好スコアをたたき出した。

 3連覇がかかるリウは代名詞の3回転アクセルこそ跳ばなかったが、こちらもノーミス演技。昨年同様、2位からのフリーでの逆転を目指す。

 3位には昨年準Vから悲願の初優勝を目指すベルが入った。昨年3年ぶりに出場した元女王グレイシー・ゴールドは53.88点で12位だった。

 フリーは15日(日本時間16日)に行われる。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集