[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【名珍場面2017】「1.7秒の衝撃」― 鬼肩捕手が“座ったままバズーカ”で二塁牽制死 超神技に騒然

【名珍場面2017】「1.7秒の衝撃」― 鬼肩捕手が“座ったままバズーカ”で二塁牽制死 超神技に騒然

2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は10月の米大リーグ(MLB)のポストシーズンで起きた「鬼肩捕手の“座ったままバズーカ”」。延長戦にもつれ込んだ熱戦で、捕手が座ったままの二塁けん制を投じ、リプレー検証の末にアウトにする超ファインプレーが炸裂した。二塁送球は「1.7秒」をマーク。そんな驚愕のシーンを「MLB Replay」公式ツイッターが動画付きで紹介し、ファンに衝撃が広がった。

「スポーツ界の名珍場面総集編」…10月にMLBプレーオフで起きた仰天の“二塁送球”

 2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は10月の米大リーグ(MLB)のポストシーズンで起きた「鬼肩捕手の“座ったままバズーカ”」。延長戦にもつれ込んだ熱戦で、捕手が座ったままの二塁けん制を投じ、リプレー検証の末にアウトにする超ファインプレーが炸裂した。二塁送球は「1.7秒」をマーク。そんな驚愕のシーンを「MLB Replay」公式ツイッターが動画付きで紹介し、ファンに衝撃が広がった。

 全米が一瞬、あっけにとられた。まるでマンガのような、仰天の“鬼肩”で「1.7秒バズーカ」を発動させたのは、インディアンスのヤン・ゴームズ捕手だ。

 10月6日(日本時間7日)の地区シリーズ第2戦、ヤンキース戦。8-8で迎えた延長11回、無死二塁のピンチだった。勝負をかけたヤンキースは代走トレイエスを送り、打席には1番ガードナー。その初球。右腕アレンの変化球に対し、ガードナーはバントの構えを見せた。しかし、外角に外れ、バットを引いた。次の瞬間だった。

 ゴームズは二塁走者のリードが大きいと見て、けん制を試みた。しかし、ミットにボールが収まると、立ち上がる素振りを見せない。なんと、左膝を突いたまま投げたのだ。そして、バズーカのような送球はベースに入った遊撃手リンドーアにストライク送球。頭から滑り込んで戻ったトレイエスの背中にタッチされた。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー