[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ドラフト全体1位19歳の超跳躍ダンク炸裂に衝撃 NBA公式「トランポリンあったの?」

米プロバスケ―トボール(NBA)のドラフト全体1位ルーキーが圧巻ダンクで沸かせた。ティンバーウルブズの19歳アンソニー・エドワーズが5日(日本時間6日)のナゲッツ戦で驚異の跳躍力で炸裂。実際のシーンをNBA公式インスタグラムが「トランポリンがあったのか?」と衝撃ぶりを伝え、米ファンからも驚きの声が上がっている。

アンソニー・エドワーズ【写真:Getty Images】
アンソニー・エドワーズ【写真:Getty Images】

ティンバーウルブズ新人エドワーズが驚異の身体能力を披露

 米プロバスケ―トボール(NBA)のドラフト全体1位ルーキーが圧巻ダンクで沸かせた。ティンバーウルブズの19歳アンソニー・エドワーズが5日(日本時間6日)のナゲッツ戦で驚異の跳躍力で炸裂。実際のシーンをNBA公式インスタグラムが「トランポリンがあったのか?」と衝撃ぶりを伝え、米ファンからも驚きの声が上がっている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 その評価に違わぬインパクトだった。第2クォーター(Q)残り6分。3ポイントライン中央付近でボールを持ったのはバンタービルト。すると、左サイドからエドワーズが相手の裏のスペースにフリーで走り込んだ。そこにドンピシャのタイミングでパスが通る。エドワーズは213センチの相手センター、ヨキッチがフォローに来てもなんの。驚異の跳躍力で跳び上がり、その上から豪快にワンハンドでリングに叩きつけた。

 196センチ、102キロに秘めた規格外の身体能力を見せつけ、NBA公式インスタグラムは「トランポリンあったの?」と実際のシーンを動画付きで紹介し、ファンたちも「すげぇぇぇ」「ワオ」「オーマイガー」「ヤバイな」「新人王だ」「楽にやってるな」「彼は特別だ」「普通じゃない」などと衝撃が走った様子。試合は敗れたものの、この日は25分間の出場で15得点、1アシスト、3リバウンドと存在感を発揮した。

 エドワーズはジョージア大1年生だった昨年11月のドラフトで全体1位指名を受け、鳴り物入りでティンバーウルブズ入り。並みいる逸材からNo.1評価でNBA入りした19歳はデビューから5戦連続2桁得点をマーク。この日は2試合ぶりの2桁得点をマークした。早くも「新人王」の声も上がる背番号1の躍動は、ここからさらに加速していく。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集