[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花が全日本V2 日本女子2人目の4回転成功に喜びの笑み「凄い綺麗に跳べた」

フィギュアスケートの全日本選手権は27日、長野・ビッグハットで女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位だった紀平梨花(トヨタ自動車)が154.90、計234.24点をマークし、2度目の優勝を連覇で飾った。安藤美姫以来17年ぶりとなる日本女子2人目の4回転ジャンプに成功。2位は坂本花織(シスメックス)、3位は宮原知子(関大)だった。

優勝を振り返った紀平梨花【写真:Getty Images】
優勝を振り返った紀平梨花【写真:Getty Images】

全日本選手権女子フリー

 フィギュアスケートの全日本選手権は27日、長野・ビッグハットで女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位だった紀平梨花(トヨタ自動車)が154.90、計234.24点をマークし、2度目の優勝を連覇で飾った。安藤美姫以来17年ぶりとなる日本女子2人目の4回転ジャンプに成功。2位は坂本花織(シスメックス)、3位は宮原知子(関大)だった。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 紀平が勝ち切った。三原舞依、坂本に続く24番手の最終滑走で登場すると、新たな演目「Baby, God Bless You」を披露。ピアノの旋律に乗せて、情感たっぷりに舞った。

 緊張感が漂う中、冒頭の4回転サルコーを成功。全日本の大舞台で初成功させ、会場から大きな拍手を浴びた。以降のトリプルアクセルにも挑戦すると、美しい音色が響く中で熱演。終了直後に安堵の笑みを浮かべ、両拳を突き上げて喜んだ。

 テレビインタビューでは「本当に試合が空いた中でモチベーションも下がることがあった。いろんな方の支えがあったおかげです。コーチ、ファンの皆さんのおかげですし、それを演技で返したいと思っていた」と喜びを表現。「今回は4回転サルコーを決められると結構前から思っていた。緊張とか関係なくジャンプのイメージだけを考えて凄い綺麗に跳べたのでよかったです」と振り返った。

 今季初戦の18歳は、SPで片手側転を見事に成功させるなど79.34点で首位発進。フリーはラベンダー色の衣装で滑り切った。コロナ禍で自由がきかない中、スイスではステファン・ランビエール氏のもとでトレーニング。今季初戦を無事に終えた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集