[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面2020】頭部に「地獄エルボー」から10連打 UFCの“無慈悲な143秒KO”に米戦慄「やりすぎだ」

2020年も残りわずか。スポーツ界は新型コロナウイルスの影響を受けたが、感動を与えるスーパープレーから思わず笑う珍事まで、記憶に残るシーンも誕生。「名珍場面2020」と題し、今年を振り返る。今回は9月、米国最大の総合格闘技「UFC」で生まれた無慈悲なKO劇だ。肘で相手の頭部を強打し、そこから10連打を浴びせた実際の映像を「UFC」が公開すると、「こりゃやりすぎだよ」「地獄のエルボーだ」などと米ファンに衝撃が広がった。

ウィリアム・ナイト(右)はコーディ・ブランデイジにTKO勝ちした【写真:Getty Images】
ウィリアム・ナイト(右)はコーディ・ブランデイジにTKO勝ちした【写真:Getty Images】

「スポーツ界の名珍場面総集編」―9月、ライトヘビー級の一方的展開が話題に

 2020年も残りわずか。スポーツ界は新型コロナウイルスの影響を受けたが、感動を与えるスーパープレーから思わず笑う珍事まで、記憶に残るシーンも誕生。「名珍場面2020」と題し、今年を振り返る。今回は9月、米国最大の総合格闘技「UFC」で生まれた無慈悲なKO劇だ。肘で相手の頭部を強打し、そこから10連打を浴びせた実際の映像を「UFC」が公開すると、「こりゃやりすぎだよ」「地獄のエルボーだ」などと米ファンに衝撃が広がった。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 強烈なエルボーが頭部をとらえた。現地時間9月1日に行われたライトヘビー級のコンテンダーシリーズ、ウィリアム・ナイト対コーディ・ブランデイジ(ともに米国)の試合だ。1回、ナイトは金網際に追い込まれるも、上から覆いかぶさるように強烈な右エルボーを4発、相手の側頭部に振り下ろした。

 強打にたまらず倒れこむブランデイジに対し、ナイトは追撃でパンチを連打。1発、2発……相手を一方的に攻め立て、10発目を浴びせたところでレフェリーが試合を止めた。ナイトの初回2分23秒TKO勝ち。「UFC」は公式インスタグラムの文面に「ナイトが凄いパワーを見せて終わらせた」とつづり、実際の動画を投稿した。

 動画を見た米ファンからは「なんて地獄のエルボーだ」「もう少し早く止めるべき」「戦車だ」「死のエルボー」「こりゃやりすぎだよ」「ヤバいエルボー!」「ゴージャス」「ビーストだ」などと様々な声が寄せられていた。この勝利でUFCへの参戦を勝ち取ったナイト。9月26日に行われた「UFC 253」の同級マッチでは、アレクサ・カムール(米国)に判定勝ちを収めている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集