[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面2020】全米OPで6パット 素人でもやらない“無気力プレー”に海外騒然「プロじゃない」

2020年も12月を迎えた。スポーツ界は新型コロナウイルスの影響を受けたが、感動を与えるスーパープレーから思わず笑う珍事まで、記憶に残るシーンも誕生。「名珍場面2020」と題し、今年を振り返る。今回は9月に行われた米男子プロゴルフ(PGA)ツアーの海外メジャー・全米オープンでの一幕だ。第3日の18番ホール、やる気のない様子で6パットを記録したダニー・リー(ニュージーランド)の動画を米メディアが公開。プロらしくない振る舞いに、海外ファンからは「信じられない」「あらら」などと反響が寄せられた。

ダニー・リー【写真:AP】
ダニー・リー【写真:AP】

「スポーツ界の名珍場面総集編」―9月、NZ選手の振る舞いに反響「信じられない」

 2020年も12月を迎えた。スポーツ界は新型コロナウイルスの影響を受けたが、感動を与えるスーパープレーから思わず笑う珍事まで、記憶に残るシーンも誕生。「名珍場面2020」と題し、今年を振り返る。今回は9月に行われた米男子プロゴルフ(PGA)ツアーの海外メジャー・全米オープンでの一幕だ。第3日の18番ホール、やる気のない様子で6パットを記録したダニー・リー(ニュージーランド)の動画を米メディアが公開。プロらしくない振る舞いに、海外ファンからは「信じられない」「あらら」などと反響が寄せられた。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 決められそうなパットを適当に打ち、行ったり来たりだ。予選を通過したリーは18番ホール、グリーン上での4打目、約1メートルのパットを外す。続くボギーパットも約50センチオーバーとすると、今度はしっかりアドレスもせずに打った。これが大きく外れると、再びしっかり構えずにパット。もはややる気は感じられない。

 続く一打もカップに嫌われ、6パット目でようやくカップイン。18番は「9」としてホールアウトし、通算13オーバー。イライラが爆発したリーは直後、パターでゴルフバッグを殴りつけるなど大荒れだった。実際の動画を米専門メディア「ゴルフ.com」や、米スポーツ専門局「CBSスポーツ」のアダム・シルバースタイン記者がツイッターに公開していた。

 海外ファンからは「信じられない」「あらら」「伝説的なパット打ちだな」「全然プロフェッショナルじゃない」「我慢ならなかったんだな!」「ワオ、爆笑」「ゴルフは時にあなたを狂わせる」などと反響が寄せられていた。リーは第3日終了後、手首の故障により棄権。自身の行いについてはツイッターで「醜い行為を謝罪する。プロらしくなく、浅はかだった」などと謝罪していた。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集