[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面2020】走行車に部品投げつけ イタリア人レーサーの蛮行に海外波紋「愚かだ」「逮捕案件」

2020年も12月を迎えた。スポーツ界は新型コロナウイルスの影響を受けたが、感動を与えるスーパープレーから思わず笑う珍事まで、記憶に残るシーンも誕生。「名珍場面2020」と題し、今年を振り返る。今回はモータースポーツ界を驚愕させた蛮行だ。10月のFIA世界カート選手権KZクラスのレース中、接触によりリタイアした海外レーサーが激怒。走行中の車両に目掛け、なんと車両のパーツを投げつけるという危険行為をしでかした。

イタリア人レーサーの蛮行が海外で波紋を呼んだ(画像はMotorsport.com公式ツイッターより)
イタリア人レーサーの蛮行が海外で波紋を呼んだ(画像はMotorsport.com公式ツイッターより)

「スポーツ界の名珍場面総集編」―10月、前代未聞の行為に元F1王者も怒り

 2020年も12月を迎えた。スポーツ界は新型コロナウイルスの影響を受けたが、感動を与えるスーパープレーから思わず笑う珍事まで、記憶に残るシーンも誕生。「名珍場面2020」と題し、今年を振り返る。今回はモータースポーツ界を驚愕させた蛮行だ。10月のFIA世界カート選手権KZクラスのレース中、接触によりリタイアした海外レーサーが激怒。走行中の車両に目掛け、なんと車両のパーツを投げつけるという危険行為をしでかした。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 前代未聞の蛮行が物議を醸した。イタリアのサウス・ガルダ・カート場で開催された同大会。非難されたのはルカ・コルベリ(イタリア)だった。接触によりレースを断念したコルベリはコース外の芝生からレースを見つめている。と、次の瞬間だ。手に持っていた車両のバンパー部分を、なんと走行中の車両にめがけて投げつけたのだった。

 当然、関係者に咎められたが、コルベリの怒りは収まらない。レース後には、ピットで他のドライバー目掛けて体当たり。関係者入り乱れての大乱闘となってしまった。実際の動画を、英紙「ザ・サン」のスポーツ専門ツイッターなど複数の海外メディアが公開。また、ヤフースポーツ豪州版は「ドライバーの道路上での不快な行為に、モータースポーツ界では衝撃が走る」との見出しで記事を掲載していた。

 記事では「世界カート選手権でのクレイジーな行為によって、ルカ・コルベリの名前がモータースポーツ界で話題となっている(悪い意味で)」と記載。一連の問題行動を記し、元F1王者のジェンソン・バトン氏のツイートを紹介していた。バトン氏は「ルカ・コルベリは世界カート選手権での野蛮な行為により、レーシングキャリアでの全てのチャンスを失った。バカ2人(コルベリとその父親)を永久追放して」とつづっていた。

 一つ間違えば大惨事となっていた蛮行に対し、海外ファンからは「出場停止にすべきだ」「愚かな行為だね」「スポーツマンシップのかけらもない」「永久追放だ!」「彼は終わった」「逮捕案件」と厳しい声が寄せられていた。

 海外メディアによるとコルベリはその後、レースからの引退を表明。自身のフェイスブックには「自分がやったことに対し、モータースポーツ界に謝罪したい」などとつづったという。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集