[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面2020】ダルビッシュ、155kmで動く“超高速ツーシーム”に米驚愕「凄すぎて気持ち悪い」

2020年も12月を迎えた。スポーツ界は新型コロナウイルスの影響を受けたが、感動を与えるスーパープレーから思わず笑う珍事まで、記憶に残るシーンも誕生。「名珍場面2020」と題し、今年を振り返る。今回は米大リーグのカブス・ダルビッシュ有投手が9月に投じた1球だ。左打者の懐を攻め、見逃し三振を奪った96マイル(約155キロ)の高速ツーシームを米国の名物セレブが動画で公開すると、現地ファンから「凄すぎて気持ち悪い」などと驚きの声が上がっていた。

カブスのダルビッシュ有【写真:AP】
カブスのダルビッシュ有【写真:AP】

「スポーツ界の名珍場面総集編」―9月、ダルビッシュの“エグイ1球”が話題に

 2020年も12月を迎えた。スポーツ界は新型コロナウイルスの影響を受けたが、感動を与えるスーパープレーから思わず笑う珍事まで、記憶に残るシーンも誕生。「名珍場面2020」と題し、今年を振り返る。今回は米大リーグのカブス・ダルビッシュ有投手が9月に投じた1球だ。左打者の懐を攻め、見逃し三振を奪った96マイル(約155キロ)の高速ツーシームを米国の名物セレブが動画で公開すると、現地ファンから「凄すぎて気持ち悪い」などと驚きの声が上がっていた。

【注目】新天地で活躍中! 久保建英の見事な守備からヘタフェが開始20秒で先制する動画はこちら

 話題となったのは9月4日(日本時間5日)のカージナルス戦、2番の左打者エドマンを迎えた場面だ。2ストライクから投じたのは内角への1球。きわどいゾーンから、ベース付近で急激に変化した。低めにズバッと決まり、エドマンも手が出ない。圧巻の1球で見逃し三振に斬って取った。この日、11三振を奪った中でも、特に際立つものだった。

 実際の動画を「ピッチングニンジャ」の愛称で知られ、現役メジャーリーガーや米メディアからも多数フォローされている名物セレブのロブ・フリードマン氏が自身のツイッターで公開。「ユウ・ダルビッシュ、エグい96マイルのツーシーム」と紹介していた。

 この1球に、米ファンからは「凄いのは、これが彼の最高のツーシームじゃないってこと」「美しい」「ナショナルリーグのサイ・ヤング賞」「凄すぎて気持ち悪い」「魅了された!」「打者の表情がプライスレス。投球に衝撃を受けていた」などと驚愕の声が多数寄せられていた。

 この日は7回1失点で7勝目をマークしたダルビッシュ。今季は8勝3敗、防御率2.01を記録し、MLBでは日本人初の最多勝を獲得した。サイ・ヤング賞の投票でもレッズ・バウアーに次ぐ2位に入った34歳。来季のさらなる活躍に期待したい。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集