[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“とにかく左”の瞬殺54秒KO 五輪王者の7連打に米再注目「右の打ち方知らないのか」

ボクシングの五輪連覇王者ロベイシ・ラミレス(キューバ)の見せた左拳7連発が再び注目を浴びている。米興行大手・トップランク社が公式インスタグラムに動画を公開。がむしゃらに拳をぶつける強烈なKOシーンに対し、米ファンから「右の打ち方を知らないのか」「相手にとっては悪夢」とコメントが寄せられている。

ロベイシ・ラミレス(左)【写真:Getty Images】
ロベイシ・ラミレス(左)【写真:Getty Images】

五輪連覇の26歳ラミレス、6月の強烈ダウンシーンに再脚光

 ボクシングの五輪連覇王者ロベイシ・ラミレス(キューバ)の見せた左拳7連発が再び注目を浴びている。米興行大手・トップランク社が公式インスタグラムに動画を公開。がむしゃらに拳をぶつける強烈なKOシーンに対し、米ファンから「右の打ち方を知らないのか」「相手にとっては悪夢」とコメントが寄せられている。

【注目】新天地で活躍中! 久保建英の見事な守備からヘタフェが開始20秒で先制する動画はこちら

 とにかく打つべし。初回からエンジン全開だ。サウスポーのラミレスはリング中央で相手と拳を交わした。アッパー、フックなど左を連発。ストレート気味のフックもお見舞いした。相手を後退させると、最後も勢いをつけて左。ダウンを奪い、再開後もパンチを浴びせてTKO勝ちを収めた。

 6月のフェザー級6回戦でイェウリ・アンドゥハー(ドミニカ共和国)を54秒で瞬殺。動画を公開したトップランク社は文面に「7・連続・の・左」などとつづると、米ファンから「相手にとっては悪夢だよな」「どれも強い当たりだ」「右の打ち方を知らないのか」「左手は幸せだろうな」「美しいね」「ミットに打ちこんでいるよう」「何が起きているんだ」「これは必見」と脚光を浴びている。

 26歳のラミレスはアマチュア時代にロンドン五輪フライ級、リオ五輪バンタム級で連覇を達成。プロではデビュー戦で敗れたものの、9月までに5連勝を飾っている。12日(日本時間13日)の前WBO世界フェザー級王者シャクール・スティーブンソンとトカ・カーン・クラリー(ともに米国)のスーパーフェザー級10回戦の前座に登場予定だ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集