[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面2020】ド真ん中なのになぜ “謎のボール判定”に米波紋「???????」「史上最悪だ」

2020年も12月を迎えた。スポーツ界は新型コロナウイルスの影響を受けたが、感動を与えるスーパープレーから思わず笑う珍事まで、記憶に残るシーンも誕生。「名珍場面2020」と題し、今年を振り返る。今回は米大リーグで話題を呼んだ判定だ。ド真ん中に投じられた投球がボールとなり、実際のシーンがSNS上で拡散。「???????」「審判の資格剥奪だ」「史上最悪のボール判定」との疑問の声が殺到する事態となった。

ロイヤルズのストーモント【写真:Getty Images】
ロイヤルズのストーモント【写真:Getty Images】

「スポーツ界の名珍場面総集編」―8月のMLBで起きた“誤審”が話題に

 2020年も12月を迎えた。スポーツ界は新型コロナウイルスの影響を受けたが、感動を与えるスーパープレーから思わず笑う珍事まで、記憶に残るシーンも誕生。「名珍場面2020」と題し、今年を振り返る。今回は米大リーグで話題を呼んだ判定だ。ド真ん中に投じられた投球がボールとなり、実際のシーンがSNS上で拡散。「???????」「審判の資格剥奪だ」「史上最悪のボール判定」との疑問の声が殺到する事態となった。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 ファンが目を疑った。8月21日のツインズ―ロイヤルズ戦。5-1とロイヤルズがリードして迎えた7回1死の場面だ。右腕ストーモントがカウント1-2と追い込んで投じた4球目。100マイル(約161キロ)の速球に打者ジェファーズのバットは出ない。ほぼド真ん中に投じられた投球。見逃し三振――。そう思った次の瞬間だ。球審の手が上がらない。まさかのボール判定。確信があったのか、ストーモントはしばし固まった。

 MLB公式サイトの一球速報のチャートはストライクゾーンの真ん中付近を通過したことになっているが、ボールと記載。結局、フルカウントから三振に斬ったが、この1球が波紋を呼ぶことにった。MLBの名物コラムニスト、ジェフ・パッサン氏は自身のツイッターに「怒」とつづり、実際のシーンを捉えた動画を投稿。すると、目の当たりにした米ファンからは怒りを買った。

「信じられない」
「速すぎて見えなかった」
「???????」
「即刻クビにしろ」
「球界から追放しろ」
「今季、審判のストライクゾーンが酷すぎる」
「ロボット導入の時期だ」
「だからロボット審判が必要なんだよ」
「史上最悪のボール判定かもしれん」
「審判の資格剥奪だ」
「今シーズンの球審は酷い」
「警察を呼ぶぞ」
「コイツをクビで。弁解は認めない」

 コメント欄には批判的な声が続々。ストーモントは1回を無失点に抑え、チームも勝利したものの、この1球は多くのMLBファンの記憶に刻まれることになった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集