[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アメフト、日大が3年ぶり甲子園ボウル決定 悪質タックル問題から初、関学大と対戦へ

 アメリカンフットボールの関東大学1部上位リーグ(L)「TOP8」は29日、都内のアミノバイタルフィールドで優勝決定戦が行われ、悪質反則問題から復帰した日大が桜美林大を38-14で下し、3年ぶり35度目の甲子園ボウル(12月13日、甲子園球場)出場を決めた。甲子園ボウルでは関学大と対戦。桜美林大は初出場を逃した。

日大が3年ぶり35度目の甲子園ボウル出場を決めた【写真:荒川祐史】
日大が3年ぶり35度目の甲子園ボウル出場を決めた【写真:荒川祐史】

日大が悪質タックル騒動後初の甲子園ボウル、「12・13」関学大と30度目対戦

 アメリカンフットボールの関東大学1部上位リーグ(L)「TOP8」は29日、都内のアミノバイタルフィールドで優勝決定戦が行われ、悪質反則問題から復帰した日大が桜美林大を38-14で下し、3年ぶり35度目の甲子園ボウル(12月13日、甲子園球場)出場を決めた。甲子園ボウルでは関学大と対戦。桜美林大は初出場を逃した。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 日大が甲子園ボウルに帰ってくる。第1クオーター(Q)残り1分半を切り、残り20ヤードからのパスを受けたWR林裕嗣(4年)が先制タッチダウン(TD)。しかし、再開直後にキックオフリターンTDで同点に追いつかれた。それでも第2Q残り8分、K福岡勇斗(4年)が25ヤードのフィールドゴール(FG)成功で10-7。TDを許して10-14と再び追う展開となったが、残り37秒にRB川上理宇(4年)が相手タックルを受けながら逆転TDを決めた。

 17-14で迎えた第3Qは一進一退の攻防で両チーム無得点。日大は最終第4Qの開始直後に川上が再びTDを決めて突き放した。さらに残り9分17秒にQB小野祐亮(4年)が林にTDパスを通すなど31-14。このまま逃げ切り、社会問題に発展した騒動時は1、2年生だった選手たちが日大復活を印象付ける甲子園ボウル出場を決めた。

 2018年5月の関学大との定期戦で、当時3年生のディフェンスライン選手による悪質タックルが起きた。当時の監督とコーチは関東学生アメフト連盟から除名処分を下され、チームも同年度の公式戦出場停止処分に。試合ができない中、立命大OBの橋詰功氏が新監督に就任した。出場停止処分が明けた昨年度は1部下位L「BIG8」を戦い、2年ぶりに1部上位L復帰を決めていた。

 今季は新型コロナウイルスの影響で全日本大学選手権が中止に。同選手権決勝として行われてきた甲子園ボウルは関東と関西の代表が激突する。関西代表は、28日に立命大を破った関学大が5年連続54度目の出場。日大と関学大が甲子園ボウルで対戦するのは、3年ぶり30度目となるライバル対決だ。3年前の2017年は日大が関東勢の連敗を10で止め、同校27年ぶり21度目の優勝を果たした。今年は関学大の3連覇がかかっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集