[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

5分気絶の戦慄KO MMAで起きた衝撃の“前のめりダウン”に米記者「最も恐ろしい瞬間」

米国の総合格闘技(MMA)団体「LFA」で驚きのKO劇が生まれた。20日(日本時間21日)に米カンザス州のハートマン・アリーナで行われた「LFA95」のミドル級(5分×3ラウンド)で、アレックス・ペレイラ(ブラジル)がトーマス・パウエル(米国)に初回4分4秒KO勝ち。右ハイキックから左フックをぶち当てた瞬間に対し、米記者は「恐ろしいのは5分間気絶していたこと」と動画付きで報じている。

アレックス・ペレイラ【写真:Getty Images】
アレックス・ペレイラ【写真:Getty Images】

米総合格闘技「LFA」で初回KO、米記者「負けた選手は5分間気絶していた」

 米国の総合格闘技(MMA)団体「LFA」で驚きのKO劇が生まれた。20日(日本時間21日)に米カンザス州のハートマン・アリーナで行われた「LFA95」のミドル級(5分×3ラウンド)で、アレックス・ペレイラ(ブラジル)がトーマス・パウエル(米国)に初回4分4秒KO勝ち。右ハイキックから左フックをぶち当てた瞬間に対し、米記者は「恐ろしいのは5分間気絶していたこと」と動画付きで報じている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 意識だけでなく、記憶も飛ばした。向かい合った両者。黄色のパンツをはいたペレイラは右ハイキックを繰り出した。ブロックされたようだが、一呼吸おいて左フック。顔面にくらった相手は前のめりに崩れ落ち、体の下に左腕を折り曲げたままダウン。レフェリーはすぐに周囲のスタッフを呼んだ。

 衝撃のシーンを動画付きで伝えた米スポーツ専門局「ESPN」のアリエル・ヘルワニ記者は、ツイッターの文面で「これがアレックス・ペレイラのKO。恐ろしかったのは試合後、パウエルが約5分間気絶していたことだ。動けなかったのである。最近のKOの中で最も恐ろしい出来事だ」と説明。さらに「放送によるとパウエルは立ち上がった後、医療スタッフに『俺は戦っていたのか?』と尋ねたという。そしてパウエルは自力で会場を後にした」と記した。

 この投稿に対し、米ファンから「彼のパンチは言葉で表すことのできない次元だ」「地球上で最も危険な男だ」などと興奮した様子のコメントが相次いでいる。米最大の総合格闘技「UFC」などの登竜門的な位置づけとされるLFA。同団体デビュー戦となったペレイラがいきなり強さを見せつけた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集