[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メイウェザー、“金欠”理由の試合を否定 英紙注目「批評家たちの主張を一蹴した」

ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏(米国)について、英紙が「金欠」と指摘している。来年2月28日に東京ドームで行われる格闘技イベント「MEGA2021」で日本人と戦う予定の43歳。英紙は「批評家たちはそう見ている」とした上で「意見を一蹴した」と伝えている。

フロイド・メイウェザー氏【写真:Getty Images】
フロイド・メイウェザー氏【写真:Getty Images】

来年2月に東京Dで日本人と対決、メイウェザーに英注目

 ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏(米国)について、英紙が「金欠」と指摘している。来年2月28日に東京ドームで行われる格闘技イベント「MEGA2021」で日本人と戦う予定の43歳。英紙は「批評家たちはそう見ている」とした上で「意見を一蹴した」と伝えている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 メイウェザーの記事を掲載したのは、英紙「デイリーメール」だった。「フロイド・メイウェザー、日本でのカムバックは金欠のためとの意見を一蹴…現金で100万ポンド(約1億3800万円)を持ち歩いていると発言」と報道。「輝かしいキャリアで10億ドル以上を稼いだボクシング界のレジェンドが、来年2月28日に東京に戻って戦うと発表した」と説明している。

「マネー(金の亡者)」の愛称で50戦無敗を誇るレジェンドは、現役時代に10億ドル(1040億円)も大金を稼ぎだしたという。2018年大晦日には、「RIZIN.14」でキックボクシングの“神童”那須川天心(TARGET/Cygames)とエキシビションマッチで対戦。3分×3回のボクシングルールで初回2分19秒の圧勝劇を演じ、ファイトマネーは10億円と言われていた。

 那須川戦以来2年2か月ぶりのリングはまたも日本だ。しかし、記事では「批評家たちは、43歳が金銭的な問題を抱えているのではないかと見ている」と説明。「それこそが、引退を撤回してMMA(総合格闘技)のイベントに出ることを決意した理由だ」と指摘している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集