[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュは「正真正銘のエース」 米地元紙が30歳右腕との“最強2枚看板”に期待

米大リーグのカブス・ダルビッシュ有投手は、今季のサイ・ヤング賞2位となるなど活躍した。来季にも期待がかかるが、シカゴの地元紙は早くも2021年のカブスの先発ローテを分析。エースをダルビッシュとする投手陣について「来年以降も屈指のものになる可能性がある」などと注目している。

地元紙に「正真正銘のエース」と評価されたダルビッシュ有【写真:AP】
地元紙に「正真正銘のエース」と評価されたダルビッシュ有【写真:AP】

カブスの先発ローテは「屈指のものになる可能性」と米メディア期待

 米大リーグのカブス・ダルビッシュ有投手は、今季のサイ・ヤング賞2位となるなど活躍した。来季にも期待がかかるが、シカゴの地元紙は早くも2021年のカブスの先発ローテを分析。エースをダルビッシュとする投手陣について「来年以降も屈指のものになる可能性がある」などと注目している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 今季8勝(3敗)をマークし、MLBで日本人初の最多勝に輝いたダルビッシュ。早くも来季に期待をかけているのは米地元紙「シカゴ・サンタイムズ」だ。「2021年のカブスの先発ローテを分析」との見出しで記事を掲載している。

 記事では「ユウ・ダルビッシュとカイル・ヘンドリックスが先頭に立つカブスの先発ローテは、来年以降も屈指のものになる可能性が十分存在する」と指摘。今季76回を投げて防御率2.01、93奪三振のダルビッシュと、2016年に最優秀防御率のタイトルを獲得している30歳右腕ヘンドリックスの2人を取り上げている。

 サイ・ヤング賞の投票では惜しくもレッズのバウアーに次ぐ2位となったダルビッシュについて、同紙は「正真正銘のエース」と評価。また、ヘンドリックスについても「それ(ダルビッシュ)相応の投手である」としている。1番手、2番手の先発に不安がないことから「裏ローテを強化することで、投手陣は強固で長期的な成功を収めるだろう」とも言及ている。

 力強い速球と多彩な変化球を駆使し、MLBの強打者をねじ伏せたダルビッシュ。来季はどんな投球を見せてくれるのだろうか。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集