[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子の結果では計れない「成長」 誕生日に気づいた“1年前の自分”との違い

女子ゴルフの国内ツアー・伊藤園レディス最終日は15日、千葉・グレートアイランドC(6741ヤード、パー72)にて無観客で行われた。この日22歳の誕生日を迎えた渋野日向子(サントリー)は5バーディー、2ボギーの69で回り、通算4アンダーで23位。今季国内初の決勝ラウンドで復活の兆しを見せ、オンライン会見では“成績では計れない”昨年からの成長について語った。

渋野日向子【写真:Getty Images】
渋野日向子【写真:Getty Images】

もがく中で感じた成長、渋野日向子「去年の方がスコアを出した数は多いけど…」

 女子ゴルフの国内ツアー・伊藤園レディス最終日は15日、千葉・グレートアイランドC(6741ヤード、パー72)にて無観客で行われた。この日22歳の誕生日を迎えた渋野日向子(サントリー)は5バーディー、2ボギーの69で回り、通算4アンダーで23位。今季国内初の決勝ラウンドで復活の兆しを見せ、オンライン会見では“成績では計れない”昨年からの成長について語った。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 渋野は成長を感じられる誕生日を過ごした。7番で164ヤードから1メートルにピタリ。「まあまあ、いやらしかったですね」と不安の残る微妙な距離だ。しかし、下りのスライスラインを入れきってバーディー。「(カップ1つ分)外すかどうかのラインに合わせて強めにしっかり打てた。今年はなかったもの。初めてこういうのが打てた」と自信を深めた。

 8番も151ヤードから1メートル半につけて連続バーディー。「できるだけ平常心を保ちながら、昨日は一打に一喜一憂してしまったので、そこをなるべく出さないようにと気を付けていました」。不調の一因だったショートパットに手応え。右足裏の痛みと付き合いながら、42位から23位に上げて大会を終えた。

 全英女子オープンを制し、フィーバーに沸いた1年前。国内でも初優勝を含む4勝を挙げた。カップをオーバーすることもいとわない強気な姿勢は武器の一つ。一喜一憂しながらも、ボギー直後にバーディーを奪うシーンが目立った。だが、結果を残せば残すほど、成績や期待など様々なプレッシャーが付きまとった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集