[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュが快挙!? 「最も惑わせた投球賞」選出で米反響「これはルール的にOK?」

米大リーグのカブス・ダルビッシュ有投手は注目されたサイ・ヤング賞は2位となり、惜しくも日本人初の受賞は逃した。しかし、今季演じたあるシーンが意外な“賞”を受賞。「これがボークじゃないのが凄い」「これはルール的にOKなの?」などと米国で反響を呼んでいる。

ダルビッシュ有【写真:AP】
ダルビッシュ有【写真:AP】

名物セレブの「ピッチングニンジャ・アワード」で8月のある投球が受賞

 米大リーグのカブス・ダルビッシュ有投手は注目されたサイ・ヤング賞は2位となり、惜しくも日本人初の受賞は逃した。しかし、今季演じたあるシーンが意外な“賞”を受賞。「これがボークじゃないのが凄い」「これはルール的にOKなの?」などと米国で反響を呼んでいる。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 ダルビッシュを表彰したのは「ピッチングニンジャ」の愛称で知られ、独自の投球分析動画を投稿、ダルビッシュら多くの選手にツイッターでフォローされている名物セレブ、ロブ・フリードマン氏。12日から自身のツイッターで「ピッチングニンジャ・アワード」と題し、独自の表彰を展開した。それも「コロナ禍のダグアウトで最高の癇癪賞」「野手による年間最優秀投球」「三振後の気取った歩き方賞」とユニークなものばかりだ。

 その中で、ダルビッシュが選出されたのは8月29日の敵地レッズ戦のダブルヘッダー第1試合の出来事。その4回無死一塁だった。1ストライクからガルビスへの2球目、投球モーションに入ると足元付近に何か落ちた。よく見るとグラブだ。しかし、ダルビッシュはモーションを止めることなく、左手は素手のまま、スプリットを投じた。アクシデントにも関わらず、外角の際どいコースにコントロールされ、ファウルに。本人は思わず苦笑いだ。

 当時は米記者に「ダルビッシュの最新球種:ザ・グローバー」などと報じられ、話題を呼んだ一幕。この試合は6回無失点の好投で白星を手にしているが、フリードマン氏は当時の映像とともに「2020年ピッチングニンジャ・アワード、打者を最も惑わせた投球賞。勝者:ユウ・ダルビッシュのグラブレス・スプリッター」と命名し、表彰した。

 これには米ファンも「最も凄い部分は、これに邪魔されずストライクに投げているところ」「これはわざとだ!!」「こんなことどうすれば起きるんだ?」「これがボークじゃないのが凄い」「純粋に聞きたいんだけど…これはルール的にOKなの?」などと改めて驚いた様子。なお、ダルビッシュは昨年に1球で打者、捕手、球審に直撃した投球も“珍死球”として受賞しており、それに続く栄誉となった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集