[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“韓国のゾンビ”を失神させた 死角からの変則エルボーが18万再生「生で見て絶叫した」

米国の総合格闘技「UFC」でかつての衝撃KOが再び脚光を浴びている。フェザー級ランカーのヤイール・ロドリゲス(メキシコ)が“ザ・コリアン・ゾンビ”ことジョン・チャンソン(韓国)に失神KO勝ち。試合終了1秒前に決まった、下から突き上げる変則肘打ちをUFCが公式ツイッターに動画付きで公開。2年前の試合ながら再生回数は18万回を超えるなど、米ファンを再び興奮させている。

ヤイール・ロドリゲス(左)とジョン・チャンソン【写真:Getty Images】
ヤイール・ロドリゲス(左)とジョン・チャンソン【写真:Getty Images】

2年前の11月に起きた衝撃KOに米ファン再興奮

 米国の総合格闘技「UFC」でかつての衝撃KOが再び脚光を浴びている。フェザー級ランカーのヤイール・ロドリゲス(メキシコ)が“ザ・コリアン・ゾンビ”ことジョン・チャンソン(韓国)に失神KO勝ち。試合終了1秒前に決まった、下から突き上げる変則肘打ちをUFCが公式ツイッターに動画付きで公開。2年前の試合ながら再生回数は18万回を超えるなど、米ファンを再び興奮させている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 一体何が起きたのか。最終5ラウンドの終了間際、中央で激しく打ち合う両者。一気に前に出てきたチャンソンに対し、ロドリゲスは一瞬しゃがみ込むような体勢になった。そして次の瞬間だ。下から突き上げるような変則の右肘でのエルボーが、チャンソンの顎にもろに直撃した。

 完全な死角からの一撃に、韓国人ファイターはたまらず崩れ落ちる。意識を断たれ、マットに突っ伏した。試合終了1秒前に起きた戦慄のKO劇。UFCは公式ツイッターで「2018年の今日、ヤイール・ロドリゲスは終了間際に史上屈指のワイルドなKOを見せた」と添えて動画付きで再脚光。動画の再生回数は18万回を超えるなど、興奮が広がっている。

「これ見てたけど、未だにショック」
「これぞKO!!」
「ゾンビ・キラー」
「信じられないノックアウト」
「自慢だけど、この場にいたんだよね!」
「ライブで見ていて絶叫した」
「文句なしに美しい」

 ロドリゲスはこの勝利で「パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト」と「ファイト・オブ・ザ・ナイト」を同時受賞。今週末に開催されるUFCファイトナイト・ラスベガス14でも鮮烈KOが見られるか、楽しみにしたい。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集