[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中恒成、強気発言の井岡一翔に“強気返し”「俺の方が強い」「負けているものない」

ボクシングの元世界3階級制覇王者・田中恒成(畑中)は、12月31日に東京・大田区総合体育館でWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(Ambition)に挑戦する。10日はオンラインで会見し、4階級制覇への意気込みを示した。田中の戦績は15勝(9KO)、井岡は25勝(14KO)2敗。

田中恒成【写真:畑中ジム提供】
田中恒成【写真:畑中ジム提供】

大晦日決戦へオンライン会見で意気込み「俺にとってはキャリア最大の勝負」

 ボクシングの元世界3階級制覇王者・田中恒成(畑中)は、12月31日に東京・大田区総合体育館でWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(Ambition)に挑戦する。10日はオンラインで会見し、4階級制覇への意気込みを示した。田中の戦績は15勝(9KO)、井岡は25勝(14KO)2敗。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 田中は昨年大晦日にWBOフライ級王座の3度目の防衛に成功し、1階級上のスーパーフライ級転向を見据えて王座を返上した。同級初戦は調整試合を挟みたいところだったが、コロナ禍で試合ができず、いきなり王者に挑むことになった。世界複数階級制覇を果たした日本人同士の対決は史上初。スーツ姿でオンライン会見に臨んだ25歳は心境を明かした。

「コロナウイルスの影響でなかなかボクシング界はみんな試合ができない中、自分もこうして決まって嬉しく思います。こういう状況だからこそ日本人同士の試合が増えてきた。大晦日はそれを締めくくる試合にしたい。(井岡は)ここ10年くらい日本のボクシング界を引っ張ってきた印象です。俺にとってはキャリア最大の勝負。このチャンスは必ず掴みたい」

 過去にはスパーリングで対戦したこともあるが「その時とは何もかも違う」と印象を明かした。1年ぶりの試合に「試合はなかったけど、モチベーションはそんなに落ちることなくトレーニングを続けてきた」と問題なし。「試合がないといってもやることはボクシングしかない」といつも通り調整した。

 9日には井岡がオンラインで会見。強気で挑発的な発言を繰り返した。これについて問われると「井岡選手が今はチャンピオンですし、4階級制覇をしているし、格と言えば上ですが、自分が勝てばチャンピオン。4階級制覇を達成します。達成したら同じかなと。直接戦ったら俺の方が強いと思う」と返答。熱い闘志を燃やしている。

 2018年9月にフライ級王座を奪取し、ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に並ぶ世界最速タイ12戦目での3階級制覇を達成。プロ転向後、異例の早さで頂点に駆け上がってきた。田中が勝てば、井岡に続く日本人2人目の4階級制覇。主要4団体の一つ、WBOによるとプロ16戦目で達成すれば、史上初の6階級制覇王者オスカー・デ・ラ・ホーヤ氏(米国)の24戦目を大幅に上回る世界最速記録となる。

「この階級は強い選手がたくさんいる。そういう選手と戦っていくために入り口になる。暗い世の中を少しでも明るくできるように、ボクシング界の今年を締めくくるにふさわしい試合をしたい」と気合を入れた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集