[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

20歳西村優菜、6打差大逆転でプロ初V プラチナ世代2人目「想像以上のゴルフができた」

女子ゴルフの樋口久子・三菱電機レディースの最終日が1日、埼玉・武蔵丘GC(6585ヤード、パー72)にて無観客で開催された。首位と6打差の3位で出た20歳新人・西村優菜(フリー)が8バーディー、1ボギーの65で回り、通算11アンダーとして大逆転でのツアー初優勝を果たした。

ツアー初優勝を果たした西村優菜【写真:Getty Images】
ツアー初優勝を果たした西村優菜【写真:Getty Images】

樋口久子・三菱電機レディース最終日

 女子ゴルフの樋口久子・三菱電機レディースの最終日が1日、埼玉・武蔵丘GC(6585ヤード、パー72)にて無観客で開催された。首位と6打差の3位で出た20歳新人・西村優菜(フリー)が8バーディー、1ボギーの65で回り、通算11アンダーとして大逆転でのツアー初優勝を果たした。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 西村は2日目を終えて単独首位だった勝みなみ、申ジエとともに最終組でラウンド。前半で2つ伸ばすと、後半は14番から3連続バーディーを奪取。16番で10アンダーとして勝に並び、最終18番もバーディーで締めて6打差を大逆転。ツアー初Vを達成し、白いブレザー姿で臨んだホールアウト後のオンライン会見では喜びを語った。

「想像以上のゴルフができて、優勝できてうれしい。(首位と)凄い差があったので、まずはトップ3に入ることを目標にラウンドしていた。14番で2打差になったので、そこから優勝目指して頑張ろうという気持ちだった」

 前戦の富士通レディースでは4位タイ。9月の国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯では3日目を首位で終えながら、最終日に4つスコアを落として7位に終わっていた。

「14番から最終までは緊張感もあったし、その中で強い気持ちでプレーできたのは日本女子プロ選手権があったから。(当時は)守りに入ってしまった部分もあったので、次に上位争いをしたときは攻める気持ちを大事にプレーしようと思っていた」と経験を活かした優勝だった。

 安田祐香、古江彩佳らと同じ2000年度生まれのプラチナ世代と称される学年。昨年11月にプロテストに合格し、最終予選会は21位だった。この世代では、古江に続く2人目のツアー優勝だ。

「(古江の優勝で)すごい刺激になったというか、優勝とか上位で争えるようになりたいと思っていた。彼女の優勝はすごくうれしかったけど『自分も頑張らないとな』という良い刺激になっていた。その刺激が良い風に繋がったというか、良い環境で出来ていると思う」と切磋琢磨の関係にある同年代の選手に感謝していた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集