[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

コロナ陽性ターナーが美人妻と優勝セレモニー参加 軽率行動に米猛批判「本当に無謀」

ワールドシリーズは27日(日本時間28日)、第6戦が行われ、王手をかけていたドジャースがレイズに3-1で逆転勝ち。1988年以来32年ぶりに世界一の座についた。だが歓喜の中で、チームの主力ジャスティン・ターナー内野手の新型コロナウイルス陽性が試合中に判明。8回の守備から途中交代となっていた。だが試合後のセレモニーでは歓喜の輪に加わったターナー。美人妻とともにトロフィーを手にする姿を米誌が公開しているが、現地では批判の的となっている。

ドジャースのジャスティン・ターナー【写真:Getty Images】
ドジャースのジャスティン・ターナー【写真:Getty Images】

試合中に陽性が判明、隔離処分のはずが…

 ワールドシリーズは27日(日本時間28日)、第6戦が行われ、王手をかけていたドジャースがレイズに3-1で逆転勝ち。1988年以来32年ぶりに世界一の座についた。だが歓喜の中で、チームの主力ジャスティン・ターナー内野手の新型コロナウイルス陽性が試合中に判明。8回の守備から途中交代となっていた。だが試合後のセレモニーでは歓喜の輪に加わったターナー。美人妻とともにトロフィーを手にする姿を米誌が公開しているが、現地では批判の的となっている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 試合中に新型コロナ陽性が発覚し、8回の守備から途中交代。隔離処分を下されていたはずのターナーが、試合後の歓喜の輪の中にいた。妻のコートニーさんと寄り添うように肩を抱き、左手には世界一トロフィーを抱えている。

 実際の画像を米スポーツ専門誌「スポーツイラストレイテッド」公式ツイッターが公開。「COVID-19陽性だったにもかかわらず、ジャスティン・ターナーはドジャースのワールドシリーズ優勝をフィールド上で祝っている」と痛烈に皮肉ると、米ファンからも次々とブーイングが上がっている。

「大のドジャースファンだけど、これは想像を絶する馬鹿さ加減だ」
「そしてみんなが触るトロフィーをグローブ無しで持つ。スマートだ」
「これは本当に、本当に無謀だ!」
「冗談だろ」
「馬鹿げてる」
「今陽性が分かったばかりなのに、チームメイトや家族、それに子ども達まで周りにいるなんて」
「彼は何を考えているんだ??」

 セレモニーでは写真撮影の中にも加わり、マスクも外していたターナー。コロナ禍での軽率な行動に批判が集まっている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集