[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界一ドジャース、主力内野手の新型コロナ感染判明が試合の終盤だったワケ

ワールドシリーズは27日(日本時間28日)、第6戦が行われ、王手をかけていたドジャースがレイズに3-1で逆転勝ち。1988年以来32年ぶりに世界一の座についた。だが歓喜の中で、チームの主力ジャスティン・ターナー内野手の新型コロナウイルス感染が試合中に判明。8回の守備から途中交代となっていた。なぜ交代が試合中のしかも終盤だったのか。米記者が伝えている。

ドジャースのジャスティン・ターナー【写真:AP】
ドジャースのジャスティン・ターナー【写真:AP】

ターナーは8回の守備から急遽交代

 ワールドシリーズは27日(日本時間28日)、第6戦が行われ、王手をかけていたドジャースがレイズに3-1で逆転勝ち。1988年以来32年ぶりに世界一の座についた。だが歓喜の中で、チームの主力ジャスティン・ターナー内野手の新型コロナウイルス感染が試合中に判明。8回の守備から途中交代となっていた。なぜ交代が試合中のしかも終盤だったのか。米記者が伝えている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

「3番・三塁」で先発出場した35歳は3打数無安打。8回の守備から退いた。だがこの理由が新型コロナ感染だったというのだ。

 米放送局「FOXスポーツ」など複数の米メディアが報じているが、なぜ発覚したのが試合の佳境に入ってからだったのか。

 MLBの名物コラムニスト、ジェフ・パッサン氏は自身のツイッターで経緯を説明。「今夜の2回に、検査機関がジャスティン・ターナーの昨日のCOVIDテストに疑いが残ることをMLBに通達。その後すぐに今日のテストサンプルが届き、検査。陽性を示した。リーグは直ちにドジャースに伝え、ターナーを試合から退かせた」としている。

 前日に受けた検査の結果がMLBに届いたのがこの日の試合中。そこから再度検査した結果、陽性が判明。感染拡大を防ぐために、即座に隔離処分が下された形のようだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集