[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

1日6食、7000kcal摂取 “世界最強の怪力”の食生活とは…妻証言「通常の皿ではダメ」

妻は食事の重要性を理解「私たちはスポーツ一家だわ」

 週の残りの日も有酸素運動、高強度インターバルトレーニングなどに励んでいるというホール。激しい運動とともに、毎日計7000キロカロリーという食事をしており、記事では「これは成人男性が推奨されている量の3倍の摂取量だ」と説明されている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 記事によると、アレクサンドラさんは「彼には通常1日6食を用意しなくてはいけないの。主に炭水化物、たんぱく質、野菜を中心にとっているわね」「エディーは普通のサイズの皿では食べられないの。彼の食事を盛り付けるためには大皿が必要になってくるわ」などとホールの食事事情を語っている。ただ、闇雲に食べまくっているわけではなさそうだ。

「私たちはスポーツ一家だわ。だから栄養の重要性はちゃんと理解しているわ。良いパフォーマンスをするために、彼が食事をしっかり摂ることは、私の仕事なの」

 このように語っているというアレクサンドラさん。190センチ、186キロのホールは、来年9月に米俳優ハフソー・ビョルンソン氏との2人で計391キロという「ボクシング史上最重量マッチ」に挑むと海外で報道されている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集