[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

154kmライナーが直撃! 投手の“背中トラップ打球処理”に米悲鳴「俺なら泣いてた」

米大リーグのプレーオフで痛~いファインプレーが飛び出した。打者の打った95.7マイル(約154キロ)のライナーが投手の背中に直撃。しかし、これでボールが足元に転がり、すかさず処理して投ゴロになった。米ファンの間で「俺なら泣いてた」と話題を呼んでいる。

レイズのタイラー・グラスノー【写真:AP】
レイズのタイラー・グラスノー【写真:AP】

レイズ右腕グラスノー、ライナーが背中直撃も投ゴロに…

 米大リーグのプレーオフで痛~いファインプレーが飛び出した。打者の打った95.7マイル(約154キロ)のライナーが投手の背中に直撃。しかし、これでボールが足元に転がり、すかさず処理して投ゴロになった。米ファンの間で「俺なら泣いてた」と話題を呼んでいる。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 まさかのプレーは15日(日本時間16日)のア・リーグ優勝決定シリーズ第3戦、レイズ―アストロズ戦で起きた。レイズが0-1とビハインドで迎えた2回1死一塁の守備、投手のグラスノーが投じた3球目の100マイル(約161キロ)直球は真ん中付近に甘く入った。これを打者のスプリンガーが鋭く弾き返す。ライナーでお手本のようなピッチャー返しとなったが、問題はその打球だった。

 投げ終わりで一塁方向に体が向いていたグラスノーの背中付近にダイレクトで直撃。しかし、ここからが凄い。一度高く浮き上がった打球を見失ったが、足元にポトリと落ちるとすぐさま反応。拾い上げると素早く一塁へ送球した。痛みもなんの、悠々とアウトに仕留めてみせた。MLB公式サイトのダレン・ウィルマン氏のツイートによると、この打球速度は95.7マイルだったという。

「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の名物セレブ、ロブ・フリードマン氏は自身のツイッターに「グラスノーは壊せない」とつづり、実際のシーンを動画付きで公開。目撃した米ファンからは「そして信じられないほどハンサム」「グラスノーがボール凹ませたかも」「アストロズファンだけど、本当に心配になった」「一塁へ弾こうとしたのかな」「俺なら泣いてた」「またの名をスティールノー」と驚きの声が上がった。

 この回に1点を失ったものの、6回4失点と力投したグラスノー。敗戦投手にはなったが、体を張ったアウトに対する執念が注目を浴びていた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集