[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「球を蹴って死球…最悪の判定だ」 ドジャース主砲が見せた“疑惑の右足”に米物議

米大リーグのプレーオフで“疑惑の死球”が飛び出した。大量リードの序盤、足元に来た投球に足を出すような素振りを見せ、ボールが当たって死球に。決定的瞬間を米記者が「彼は蹴っている」と指摘して動画付きで公開すると、米ファンから「これはおかしい」「冗談だろ」「最悪の判定だ」と話題を集めている。

ドジャースのジャスティン・ターナー【写真:AP】
ドジャースのジャスティン・ターナー【写真:AP】

ターナーが足元のボールに右足を動かして…米記者「彼は蹴っている」

 米大リーグのプレーオフで“疑惑の死球”が飛び出した。大量リードの序盤、足元に来た投球に足を出すような素振りを見せ、ボールが当たって死球に。決定的瞬間を米記者が「彼は蹴っている」と指摘して動画付きで公開すると、米ファンから「これはおかしい」「冗談だろ」「最悪の判定だ」と話題を集めている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 微妙な足の動きが視線を集めたのはドジャースのジャスティン・ターナー内野手だった。14日(日本時間15日)のリーグ優勝決定シリーズのブレーブス戦、初回に打者一巡の猛攻で7-0として2死一、三塁で回ってきた2度目の打席。その初球だった。左腕のデイトンが投じたスライダーは低めに外れ、ターナーの足元に。すると、わずかに右足を出すような素振りを見せ、スパイクのインサイド部分に当たった。

 軌道が変わった球を捕手が捕球できずに後逸し、三塁走者が生還したが、審判団の協議の結果、判定は死球で2死満塁から再開となった。スコアに動きはなかったものの、ターナーの判定については疑問が残るものに。米スポーツ専門局「CBSスポーツ」のダニー・ヴィエッティ記者は「ジャスティン・ターナーが投球を蹴った。彼は蹴ったんだ。見たことないものなどないと思った時……」と投げかけ、実際の動画を公開している。

 目撃した米ファンからも「これはおかしい」「これが死球になったのか!?」「さらにレビューまでしたんだ! ただただ恥ずかしい……」「クレイジーな判定だ」「アウトかファウルにするべきだ」「投球に対して当たりに行くのは良いのに、当てられたら文句か」「冗談だろ」「ボールを蹴って死球を与えるなんて、今まで見た中で最悪の判定」と疑問の声が上がっていた。

 結局、次打者のマンシーが満塁弾を放ち、この回一挙11点を記録。試合も15-3で大勝したが、ターナーの行動は後味の悪さを残してしまった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集