[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

海外テニスで珍事 “トイレ休憩”で罰則を受けた選手が激怒「緊急事態だったんだ!」

男子テニスのサンクトペテルブルク・オープンで、予期せぬ事態に選手が激怒する一幕があった。現地時間13日の1回戦、世界ランク141位イリヤ・イバシカ(ベラルーシ)は、メディカルタイムアウト中にトイレへ。これが遅延行為とみなされ、ペナルティを食らってしまった。怒りの声を上げるイバシカの実際の動画をATP公式中継サイト「テニスTV」が公開したほか、開催地ロシアメディアも“トイレ口論”を伝えている。

イリヤ・イバシカ【写真:Getty Images】
イリヤ・イバシカ【写真:Getty Images】

審判に怒りの声を上げるイバシカの様子をロシアメディアも報道

 男子テニスのサンクトペテルブルク・オープンで、予期せぬ事態に選手が激怒する一幕があった。現地時間13日の1回戦、世界ランク141位イリヤ・イバシカ(ベラルーシ)は、メディカルタイムアウト中にトイレへ。これが遅延行為とみなされ、ペナルティを食らってしまった。怒りの声を上げるイバシカの実際の動画をATP公式中継サイト「テニスTV」が公開したほか、開催地ロシアメディアも“トイレ口論”を伝えている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 怒りが爆発した。「ベラルーシの選手が異様な“トイレ口論”でアンパイアに激怒」との見出しで珍事を伝えているのは現地メディア「ロシアトゥデー」だった。記事によると、問題のシーンは第2セットの第5ゲームを終えたところで生じた。

 メディカルタイムアウトを要求したイバシカは、この間にトイレに行ってもよいと説明を受けてコート外へ。主審から「出来る限り早く済ませるように」と伝えられていたが、トイレから戻ると、主審から遅延行為によるペナルティを宣告されてしまった。納得いかないイバシカは抗議した。

 同メディアによると、イバシカはポイントに関わらないはずと主張。「コートに立っていられなかったんだから、これは緊急事態だったんだ! コート上でして欲しかったんなら自分はできたんだ!」とプレーできない状態でやむなく取った行動だったと主張し、怒り心頭だったという。

「いやいやいや、こんなの冗談だろ!」「これは普通じゃない。どうすればこんなことが可能なんだ?」と叫んだというが、主審は休憩の許容時間を3倍も超えたことで1ゲーム没収の措置を取ったと紹介。「白熱した議論は、イバシカが審判を怒鳴りつけたことでさらに激化。審判は、これ以上続ければさらなるペナルティを与えると警告した」と伝えられている。

 静かな会場で怒鳴り声を響かせる26歳の実際の動画を「テニスTV」公式ツイッターも公開し、話題を集めることに。ペナルティを受けたイバシカだが、この試合は世界ランク39位と格上のアドリアン・マナリノに6-3、7-6で勝利。2回戦進出を決めている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集