[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「誰か手を挙げてくれ…」 40歳リゴンドーの悲哀、続く“次戦未定状態”に嘆き節

ボクシングのWBA世界バンタム級正規王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)が、次戦の決まらない現状を嘆いているようだ。スーパーバンタム級時代に強すぎて相手が見つからない時期があったが、「誰か手を挙げてくれ」と明かしている。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

ギジェルモ・リゴンドー【写真:Getty Images】
ギジェルモ・リゴンドー【写真:Getty Images】

次戦が決まらないリゴンドー「俺以上に試合に飢えた人間はいない」

 ボクシングのWBA世界バンタム級正規王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)が、次戦の決まらない現状を嘆いているようだ。スーパーバンタム級時代に強すぎて相手が見つからない時期があったが、「誰か手を挙げてくれ」と明かしている。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 ボクシング界は新型コロナウイルス感染拡大の影響で一時興行中断の時期にあったが、世界戦が順次行われるなど無観客開催ながらコロナ禍を抜け出しつつある。リゴンドーは空位となっていたWBA正規王座を2月に獲得。しかし、次戦が決まっていないのが現状だ。バンタム級でシドニー五輪とアテネ五輪を連覇した猛者はこう語ったという。

「(次戦は)すぐがいい。やっと決まりそうな雰囲気もある。11月になるか、12月になるかわからないが、2020年中に戦うことは間違いない。俺がリングに戻るのを多くの人間が待ってくれていることはわかっている。だが、信じてくれ。俺以上に試合に飢えている人間はいないんだ」

 高いディフェンス技術で相手を無力化してきた40歳。肉体は維持しているという。「俺はジムに住んでいる。戦いがあろうがなかろうが、トレーニングは俺の日常の流れにある。ランニングやマイアミのジムで練習をしない日は存在しない。じっとしていられない。俺の生活は訓練なんだ」。一方、コロナ禍で無観客興行が続いている現状に複雑な心境でいる様子だ。

「無観客は少し退屈だが、それでも最高の仕事をすべきだとわかっている。みんな状況が改善して、みんなが会場でボクシングを観戦できることを祈っている。以前にも話したが、うちの庭で試合をしてもいいんだ」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集