[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

今季のダルビッシュは「カブス選手で最高」と地元局断言「彼なしでPO進出なかった」

米大リーグのカブス・ダルビッシュ有投手は新型コロナウイルス蔓延の影響により、今季日本人初の最多勝に輝くなど、圧倒的なパフォーマンスを見せた。プレーオフはワイルドカード・シリーズでチームは敗れたものの、地元放送局の「NBCスポーツ・シカゴ」は改めて、ダルビッシュの今季の働きを評価している。

ダルビッシュ有【写真:AP】
ダルビッシュ有【写真:AP】

日本人初の最多勝を獲得した今季を回顧「カブス選手のパフォーマンスの中で最高」

 米大リーグのカブス・ダルビッシュ有投手は新型コロナウイルス蔓延の影響により、今季日本人初の最多勝に輝くなど、圧倒的なパフォーマンスを見せた。プレーオフはワイルドカード・シリーズでチームは敗れたものの、地元放送局の「NBCスポーツ・シカゴ」は改めて、ダルビッシュの今季の働きを評価している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 記事は「ダルビッシュのサイ・ヤング賞級の活躍は2020年のカブス選手が残したパフォーマンスの中で最高」の見出しで掲載。今季のチームでトップの働きだったと評した。

「2020年シーズンを迎えるにあたって、カブスにとっての一つの疑問はダルビッシュが2019年後半に見せた支配的な投球が、引き続き見られるだろうかということだった」と指摘。その上で「ブルワーズ戦での今季最初の登板ではまずまずだったが、その後の活躍は確かに『YES』と言える内容だった」と評価した。

 今季は開幕が遅れ、60試合という短期決戦。難しい調整が強いられる中で8勝3敗で日本人初の最多勝を獲得し、防御率2.01、93奪三振と結果を残した。「ダルビッシュはカブスの先発ローテの中で常にホットな存在だった。サイ・ヤング賞級のクオリティで、9月が始まる前までは同賞の大本命だった」と称えた。

「ポストシーズンでは負けてしまったが、カブスは彼なしでプレーオフに進出することはなかっただろう」とも指摘。改めて、ダルビッシュが残した今季の功績に拍手を送っていた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集