[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

誤審12連発が波紋 “広すぎ”ストライク判定に米紛糾「彼は最悪」「今も怒ってる!」

米大リーグで“誤審”を連発した球審が物議を呼んでいる。22日(日本時間23日)のインディアンス―ホワイトソックス戦。投じられた球を次々とストライク判定する“誤審12連発”の動画がネット上で拡散し、米メディアは動画付きで「監督と選手は声を荒らげて退場」と報じている。

退場となったホワイトソックスのリック・レンテリア監督(左)とエンジェル・ヘルナンデス球審【写真:Getty Images】
退場となったホワイトソックスのリック・レンテリア監督(左)とエンジェル・ヘルナンデス球審【写真:Getty Images】

打者困惑のストライク判定に米物議「これが誤審のまとめ映像だ」

 米大リーグで“誤審”を連発した球審が物議を呼んでいる。22日(日本時間23日)のインディアンス―ホワイトソックス戦。投じられた球を次々とストライク判定する“誤審12連発”の動画がネット上で拡散し、米メディアは動画付きで「監督と選手は声を荒らげて退場」と報じている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 広すぎるストライクゾーンに打者も呆れているようだ。動画では両チームの投手が次々と投球。しかし、どんな球にも球審の右手は上がった。際どいコースもあるものの、画面に表示された枠は外れている。枠はあくまで目安であり、角度によって見え方も変わるもの。フレーミング技術も考慮しなければならないが、明らかに高めにいった球もあるようだ。

 しかも、両チーム分け隔てなくストライクに。打者には納得のいかない様子の選手もいれば、呆れたようにその場でバットを手放す選手も。米紙「USAトゥデー」のスポーツ専門サイト「フォー・ザ・ウイン」は、動画付きで「エンジェル・ヘルナンデス球審のストライクゾーンにMLBファンが再び荒れる」と報じている。

「彼の判定が物議を醸している。選手や監督に抗議されただけでなく、ツイッター上のMLBファンからも疑問の声が上がっている」と波紋を広げていることを伝えた。さらに「素晴らしいフレーミングもあったが、これが誤審のまとめ映像だ」と動画を紹介。「ホワイトソックスのレンテリア監督とスター遊撃手アンダーソンは、ロベルトが見逃し三振と判定された時、声を荒らげて球審に抗議したので退場を告げられた」とした。

 ネット上には、米ファンから「俺は試合が終わった今も怒っている!」「誤審のせいで一晩中イライラしていた」「彼の判定は最悪だ」というコメントも。試合はインディアンスが5-3で延長10回サヨナラ勝ちとなった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集