[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

前田健太、150勝支えた2種類の”高精度変化球”に米驚き「常軌逸した球」「エグすぎる」

米大リーグ・ツインズの前田健太投手は23日(日本時間24日)、本拠地タイガース戦で先発し、6回4安打9奪三振で3失点と好投。今季6勝目で日米通算150勝に到達した。好調を支えるスプリットとスライダーの軌道を比較した動画を米名物セレブが公開すると、見極め困難な変化球に米ファンから「エグすぎる」「常軌を逸した球」と注目を浴びている。

今季6勝目を挙げ日米通算150勝に到達したツインズの前田健太【写真:AP】
今季6勝目を挙げ日米通算150勝に到達したツインズの前田健太【写真:AP】

日米150勝達成の前田健太、同じ軌道から曲がる2種類の変化球に米注目

 米大リーグ・ツインズの前田健太投手は23日(日本時間24日)、本拠地タイガース戦で先発し、6回4安打9奪三振で3失点と好投。今季6勝目で日米通算150勝に到達した。好調を支えるスプリットとスライダーの軌道を比較した動画を米名物セレブが公開すると、見極め困難な変化球に米ファンから「エグすぎる」「常軌を逸した球」と注目を浴びている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 同じコースから軌道が分かれたようだ。動画内で前田が先に投じたのはスプリット。打者はハーフスイングとなった。次に投げたスライダーは、ストライクゾーンから大きく曲がってボールゾーンへ。見事に空振りを奪った。この2球を合成した動画を見ると、変化し始める地点まで同じ軌道を描いている。

 この動画をツイッターに公開したのは、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られ、現役メジャーリーガーや米メディアからも多数フォローされている名物セレブのロブ・フリードマン氏。「ケンタ・マエダの不公平な84マイル(約135.18キロ)のスプリットと連続の83マイル(約133.58キロ)のスライダー」と文面につづると、米ファンから「エグすぎる」「常軌を逸脱した球」「無慈悲だ」「笑ってしまう」と驚き交じりの反応が集まっている。

 同氏は前田が85マイル前後のチェンジアップで空振りを奪う動画も公開し「ケンタ・マエダのスプリット・チェンジは危険な兵器として登録する必要がある」とつづっている。米ファンは「テーブルからそのまま落としたような球」と称賛。前田はシーズン最後の登板で節目の150勝に到達し、チームは2年連続のプレーオフ進出を決めている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集