[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、記録ずくめの全米V 「40年ぶり」も誕生、「GS決勝3戦3勝」は誰以来?

テニスの4大大会・全米オープンは12日(日本時間13日)、女子シングルス決勝で世界ランク9位の大坂なおみ(日清食品)が同27位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)を1-6、6-3、6-3で破り、2年ぶり2度目の優勝を飾った。WTA公式メディアは大坂の記録を紹介。1980年以来初めての記録も生まれた。

全米オープンで2年ぶり2度目の優勝を果たした大坂なおみ【写真:AP】
全米オープンで2年ぶり2度目の優勝を果たした大坂なおみ【写真:AP】

大坂なおみVの全米OPは記録ずくめ

 テニスの4大大会・全米オープンは12日(日本時間13日)、女子シングルス決勝で世界ランク9位の大坂なおみ(日清食品)が同27位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)を1-6、6-3、6-3で破り、2年ぶり2度目の優勝を飾った。WTA公式メディアは大坂の記録を紹介。1980年以来初めての記録も生まれた。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 WTA公式メディア「WTAインサイダー」は、公式ツイッターで大坂の記録を紹介した。「これは、1980年以来初めて全米オープン女子準決勝と決勝はすべて3セットで決まりました」と説明。準決勝では、大坂がジェニファー・ブレイディ(米国)に7-6、3-6、6-3、アザレンカがセリーナ・ウィリアムズ(米国)に1-6、6-3、6ー3で勝利を収めた。準決勝と決勝の3試合がフルセット決着となったのは40年ぶりの接戦続きだったという。

 さらに大坂は18年全米、19年全豪、今大会と4大大会決勝は3戦3勝。同ツイッターは「4大大会で自身初の決勝進出から3戦連続で決勝を制したのは、ジェニファー・カプリアティ以来(01全豪、01全英、02全豪)」と勝負強さに触れ「オオサカは、4大大会で準々決勝以降は負けなし(9勝0敗)」と付け加えている。13歳でプロ転向し、4大大会通算3勝のカプリアティは天才少女と呼ばれていた。

 今大会は7試合で4度のフルセットマッチを制した。同ツイッターによると、2年前に優勝した全米以降、4大大会でフルセットにもつれ込んだ試合は12戦全勝。粘り強さも浮き彫りとなっているようだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集