[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

本当にママ同士!? セリーナ、“白熱の40秒ラリー”に米興奮「彼女は諦めない」

テニスの4大大会・全米オープンは9日(日本時間10日)、女子シングルス準々決勝で世界ランク9位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)が出産から3年ぶりに復帰したツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア)に3-6、6-3、6-2で逆転勝ち。ママ対決を制し、3年連続の4強進出を決めた。大会公式ツイッターは白熱の40秒ラリーの末、強烈な鋭角クロスを打ち込みポイントを得るシーンを動画付きで公開。米ファンの拍手を浴びている。

セリーナ・ウィリアムズ【写真:AP】
セリーナ・ウィリアムズ【写真:AP】

ピロンコバとのママ対決を制し、3年連続4強入り

 テニスの4大大会・全米オープンは9日(日本時間10日)、女子シングルス準々決勝で世界ランク9位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)が出産から3年ぶりに復帰したツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア)に3-6、6-3、6-2で逆転勝ち。ママ対決を制し、3年連続の4強進出を決めた。大会公式ツイッターは白熱の40秒ラリーの末、強烈な鋭角クロスを打ち込みポイントを得るシーンを動画付きで公開。米ファンの拍手を浴びている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 これが女王の底力だ。第1セットを落として迎えた第2セット。第8ゲームだ。ブレークポイントを握ったセリーナが白熱のラリーを展開した。バックハンドを打ち合う展開で始まったラリー。互いに左右に動き回り、緩急をつけながらのショットの応酬。セリーナは不利な体勢になっても諦めない。

 ピロンコバに鋭いフォアを打たれ、万事休すかと思われた次の瞬間。必死でボールに食らいつくと、強烈なクロスを鋭角に叩き込んだ。これをピロンコバは返せない。24度のラリーの末に決着。セリーナがブレークに成功し、一気にこのセットをものにした。

 大会公式は「ポイント・オブ・ザ・マッチ。セリーナ・ウィリアムズがブレイクし第2セット奪取!」とこの試合最大の見せ場と脚光を浴びせると、米ファンからはセリーナへの称賛が相次いだ。

「ビーストモード」
「がんばれセリーナ」
「最高」
「セリーナが好き。彼女は諦めないから」
「いいぞセリーナ!」
「純粋な意志の力!」

 2017年9月に第一子を出産したセリーナ。その後復帰して再び第一線で戦い続けている。驚異の38歳は3年連続での4強入り。2018年の決勝で雌雄を決した大坂なおみ(日清食品)との決勝も期待されるが、その前に準決勝ではビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)と対戦する。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集