[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元世界1位がうっかりミス 罰打受ける決定的瞬間に米笑撃「ギャグ?」「言葉失った」

米男子ゴルフツアーのプレーオフシリーズ第2戦「BMW選手権」は29日(日本時間30日)、3日目が行われ、松山英樹(レクサス)が首位タイに浮上した。一方で注目を集めている珍場面も。この日のベストスコア66をマークし、3打差6位まで追い上げたのは元世界1位(現在2位)のジョン・ラーム(スペイン)だったが、5番ホールのグリーン上でマークを忘れてボールを拾い上げてしまい1罰打を受けた。うっかりミスのシーンをPGAツアーが動画付きで公開。米ファンの笑いを誘っている。

ジョン・ラームのうっかりミスに注目が集まっている【写真:AP】
ジョン・ラームのうっかりミスに注目が集まっている【写真:AP】

名手ラームがマーカーを置く前にボールを拾うミス

 米男子ゴルフツアーのプレーオフシリーズ第2戦「BMW選手権」は29日(日本時間30日)、3日目が行われ、松山英樹(レクサス)が首位タイに浮上した。一方で注目を集めている珍場面も。この日のベストスコア66をマークし、3打差6位まで追い上げたのは元世界1位(現在2位)のジョン・ラーム(スペイン)だったが、5番ホールのグリーン上でマークを忘れてボールを拾い上げてしまい1罰打を受けた。うっかりミスのシーンをPGAツアーが動画付きで公開。米ファンの笑いを誘っている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 弘法にも筆の誤り。名手がまさかのうっかりミスだ。5番ホール。第2打でピン手前13メートルに乗せたラーム。グリーンに上がると、流れるような動作でボールを拾い上げてしまった。だがすぐに異変に気付く。マーカーを置き忘れていたのだ。

 まさかのミスによる1罰打を受け入れるしかないラーム。続く4打目となったパットは1メートルほどショート。ボギーパットは沈めたが、結果的にこの日唯一のボギーとなった。

 PGAツアー公式インスタグラムは「5番ホールでマークを忘れて拾い上げたために、ジョン・ラームに罰打」のタイトルで決定的瞬間を動画付きで脚光。3枚目の画像では本人の「ゴルフではこういうこともある。このせいで負けとならないことだけ祈る」というコメントも紹介している。

 この投稿に米ファンからは「ほんと厳しいけど、最後のコメントがいいね」「ギャグですか?」「これは間抜け」「アホらしいルール」「自分もこれやったことある」「人間だからミスもあるさ」「言葉を失った」「ゴルフあるある」などと様々な反響のコメントが書き込まれていた。

 ラームは立て直してこの後、3つのバーディーを重ねるのだからさすが。最終日、松山の強力なライバルの1人になりそうだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集