[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 早送りにしか見えない!? “世界最速FW”の「12.96秒の奇跡」に驚嘆「稲妻の境域だ」

早送りにしか見えない!? “世界最速FW”の「12.96秒の奇跡」に驚嘆「稲妻の境域だ」

海外サッカーで、1シーズンに2度、相手CKから「12.96秒」でゴールを決めるミラクルが発生。「史上最速」の呼び声高い韋駄天ストライカーが演じた2つの超速カウンターを、クラブ公式ツイッターが「どっちの方が速かった? それは、本当に僅差で…」と比較動画を掲載。ファンから「サンダーボルトの領域だ」「早送りにしか見えない」と驚嘆している。

リバプールFWサラーの2つのカウンター弾が「12.96秒」の珍事…ファン「稲妻の領域だ」

 海外サッカーで、1シーズンに2度、相手CKから「12.96秒」でゴールを決めるミラクルが発生。「史上最速」の呼び声高い韋駄天ストライカーが演じた2つの超速カウンターを、クラブ公式ツイッターが「どっちの方が速かった? それは、本当に僅差で…」と比較動画を掲載。ファンから「サンダーボルトの領域だ」「早送りにしか見えない」と驚嘆している。

 こんな偶然あるのだろうか。目にも止まらぬカウンターで、ミラクルを演じたのは、今季からイングランドのプレミアリーグ1部リバプールに加入したエジプト代表FWモハメド・サラーだ。チーム公式ツイッターは画面を上下に分け、2つの動画を公開。同時に映像をスタートさせている。

 1つ目は8月26日の第3節アーセナル戦、2-0で迎えた後半12分。右サイドからのCKを味方が頭で大きく前線にクリア。相手フィールドプレーヤーは全員リバプール陣内に入っており、中央付近まで上がっていた最後尾のスペイン代表DFベジェリンがトラップ。しかし、コントロールが甘く、ボールを弾ませたのをサラーは見逃さなかった。

 高く弾んだボールを頭でかっさらうと、一気に10メートルほどぶっちぎり、誰もいない敵陣に突入。驚異的なスピードで独走した。最後はエリア内でGKと1対1になり、冷静に左足でゴールに流し込んだ。しかし、3か月後、同様に高速カウンターを炸裂させることになる。

 2つ目は今月4日の第11節ウェストハム戦、前半21分だった。再び右サイドからのCKを味方が頭で前線へクリア。サラーはこぼれ球をセネガル人FWサディオ・マネに落とし、マネがドリブルで突破。フォローに入ったサラーと2対1の状況を作り、自陣からグングン加速した。そのままペナルティエリアに突入するところでサラーにパスし、GKとの1対1から軽やかにネットを揺らした。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー