[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の“本塁打分布図”が美しい 打球方向に米感嘆「全方向に打ち分けられる」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、敵地のアスレチックス戦で「5番・DH」で先発出場。3回には22打席ぶりの安打となる逆転の左中間への5号3ランを放つなどマルチ安打をマークした。これでメジャー移籍後は通算45本塁打としたが、米記者は大谷の本塁打の打球方向に注目。分布図を公開すると、米ファンからは「最も美しいスプレーチャートの1つだ」と反響が集まっている。

大谷翔平がまた逆方向に本塁打を放った【写真:AP】
大谷翔平がまた逆方向に本塁打を放った【写真:AP】

左中間へ特大の5号3ラン、米記者は打球方向に注目

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、敵地のアスレチックス戦で「5番・DH」で先発出場。3回には22打席ぶりの安打となる逆転の左中間への5号3ランを放つなどマルチ安打をマークした。これでメジャー移籍後は通算45本塁打としたが、米記者は大谷の本塁打の打球方向に注目。分布図を公開すると、米ファンからは「最も美しいスプレーチャートの1つだ」と反響が集まっている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 久々に大谷のバットが火を噴いた。3回1死二、三塁。剛腕モンタスの高めに浮いた95.3マイル(約153.4キロ)を捉えた。高々と左中間方向へ舞い上がった打球は、長い滞空時間を経て中堅スタンドやや左に着弾。飛距離439フィート(約133.8メートル)は今季最長となる特大の一発だった。

 10試合ぶりの5号弾はメジャー通算45本目。これで日本人では歴代4位に浮上した。一方で本塁打の打球方向に注目しているのは、米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者だ。

 全45本塁打の打球分布図を公開。右翼から左翼まで全方向に満遍なく打球が飛んでいるが、逆方向へのものが半分よりも多い。特に際立つのはこの日のような中堅やや左への当たりだ。

1 2 3 4
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集