[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

清宮、安田だけじゃない 野手豊作ドラフト、近未来の「和製大砲」候補は?

プロ野球ドラフト会議は支配下、育成を合わせ、計114人が指名を受けた。今年は日本ハム1位の早実・清宮幸太郎、ロッテ1位の履正社・安田尚憲、広島1位の広陵・中村奨成という高校野球で「BIG3」と呼ばれたスラッガーが注目を浴びた。しかし、近未来の「和製大砲」候補は他にもいる。次代のホームランアーチストを探る。

「高校BIG3」以外にも「肥後のルース」「慶大のバレンティン」ら注目の逸材ズラリ

 プロ野球ドラフト会議は支配下、育成を合わせ、計114人が指名を受けた。今年は日本ハム1位の早実・清宮幸太郎、ロッテ1位の履正社・安田尚憲、広島1位の広陵・中村奨成という高校野球で「BIG3」と呼ばれたスラッガーが注目を浴びた。しかし、近未来の「和製大砲」候補は他にもいる。次代のホームランアーチストを探る。

「高校BIG3」と並ぶ逸材との評価が根強いのが、ヤクルト1位の九州学院・村上宗隆捕手だ。入学当初、「肥後のベーブ・ルース」と清宮とともに騒がれた逸材だ。4番で出場した1年夏を最後に甲子園出場がない分、知名度では3人に劣るが、高校通算52本塁打。左の長距離砲として期待は高い。ドラフトでも外れ1位で安田と3球団が証明したことからも、各球団の評価の高さが伺い知れる。

 大学生では楽天2位の慶大・岩見雅紀外野手だろう。187センチ、110キロの巨漢。東京六大学歴代3位の21発だが、リーグ戦初出場は2年春、初アーチは同年秋と遅咲き。そこから量産し、今年は23安打のうち、12本と驚異の本塁打率も魅力的だ。大学時代に例えられてきた「バレンティン」「エルドレッド」という外国人スラッガーのような存在になれる、ロマンあふれる逸材だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集