[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

本田真凜、新SPで初の笑顔! 自己ベストに迫る66.90点、暫定2位

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦・中国杯は3日、女子ショートプログラム(SP)で本田真凜(関大高)は自己ベストに迫る66.90点をマーク。アリーナ・ザギトワ(ロシア)に続く、暫定2位につけた。

GPシリーズ第3戦・中国杯SP、第1グループ終えて2位

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦・中国杯は3日、女子ショートプログラム(SP)で本田真凜(関大高)は自己ベストに迫る66.90点をマーク。アリーナ・ザギトワ(ロシア)に続く、暫定2位につけた。

 第1組最後の5番目で登場した本田。前週のカナダ大会から使用する新SPナンバー「ザ・ギビング」に合わせ、冒頭の連続ジャンプに着氷。その後も持ち前の演技力を発揮した。後半のジャンプも成功させ、ほぼノーミスの演技。滑り終えると充実感たっぷりの笑顔がにじんだ。カナダ大会では転倒しただけに、新プログラムで初の納得の演技となった。

 本田はシニアデビュー戦となったUSインターナショナルで優勝。世界に驚きを与えたが、GPデビューとなったカナダ大会はSPで転倒するなどミスが出て、5位に終わっていた。巻き返しを期して挑んだGPシリーズ2戦目だった。

 シニアデビュー後のSPでは、USクラシックの66.90点と並ぶ、最高得点となった。この後、三原舞依、樋口新葉が第2組で登場する。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集