[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷同僚が“本塁打”アシスト 本人も頭抱える珍守備に米笑撃「最高の“おっとっと”」

米大リーグで“珍本塁打”が話題を呼んでいる。エンゼルスのジョー・アデル外野手が、平凡な右飛をグラブではじき、“本塁打”をアシストしてしまった。実際の珍守備の映像を米メディアが公開。米ファンに笑撃が広がっている。

エンゼルスのジョー・アデル【写真:AP】
エンゼルスのジョー・アデル【写真:AP】

平凡な右飛をグラブで弾いて“本塁打”をアシスト

 米大リーグで“珍本塁打”が話題を呼んでいる。エンゼルスのジョー・アデル外野手が、平凡な右飛をグラブではじき、“本塁打”をアシストしてしまった。実際の珍守備の映像を米メディアが公開。米ファンに笑撃が広がっている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 本人も頭を抱える珍守備が生まれた。9日(日本時間10日)のレンジャーズ戦、右翼・アデルがやってしまった。2-5で迎えた5回2死、右翼後方へ飛んだソラックの打球に反応し、楽々と落下点に入ったかに見えた。次の瞬間だ。

 アデルは打球をグラブで弾いてしまった。慌てた21歳はボールを追うも時すでに遅し。ボールは右翼フェンスを越えてスタンドイン。本人も頭を抱えて呆然と立ち尽くす。記録はエラーとなったものの、思わぬ形で“右越えソロ”を献上してしまった。

 米スポーツ専門局「ESPN」のスポーツ情報番組「スポーツセンター」インスタグラムは「このプレーは最も運の悪い類に含まれるに違いない」とつづり、2つの異なる角度からこのプレーをとらえた動画を公開。珍守備を目の当たりにしたファンに笑撃が広がっている。

「不運ではなく、キャッチが下手だっただけ」
「彼のオウンゴールにしておいて」
「もっと一生懸命にやらなくちゃ」
「エンゼルスファンにとっては痛い」
「これがプレーオフで起きてたらもっとひどいことになっていたね」
「今まで見た中で最高の“おっとっと”だ」
「なんてこった」

 21歳のアデルは、2019年にWBSC世界野球プレミア12の米国代表に選出された実績を持つ、エンゼルス期待の若手。今季メジャーデビューを果たし、ここまで15試合に出場している。この日は打席でも4打数無安打と振るわず。チームも3-7でレンジャーズに敗れた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集