[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

キューバ22歳がプロ3戦目で世界王者に Sミドル級新鋭に米注目「最後まで力尽くした」

ボクシングのWBA世界スーパーミドル級暫定王座決定戦が8日(日本時間9日)、米ロサンゼルスで行われ、同級3位デビッド・モレルJr.(キューバ)が同級1位レノックス・アレン(米国)に3-0の判定勝ちを収めた。プロ3戦目で世界王座獲得。米メディアは「最後まで全力尽くした」と試合動画の一部を公開している。モレルの戦績は3勝(2KO)、22勝(14KO)1敗1分けとなった。

プロ3戦目で世界王座を獲得したデビッド・モレルJr【写真:Getty Images】
プロ3戦目で世界王座を獲得したデビッド・モレルJr【写真:Getty Images】

モレルがプロ3戦目でWBA世界スーパーミドル級暫定王座獲得

 ボクシングのWBA世界スーパーミドル級暫定王座決定戦が8日(日本時間9日)、米ロサンゼルスで行われ、同級3位デビッド・モレルJr.(キューバ)が同級1位レノックス・アレン(米国)に3-0の判定勝ちを収めた。プロ3戦目で世界王座獲得。米メディアは「最後まで全力尽くした」と試合動画の一部を公開している。モレルの戦績は3勝(2KO)、22勝(14KO)1敗1分けとなった。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 22歳の元アマチュア王者が暫定王座を獲得した。サウスポー同士の対決。序盤からポイントを奪ってきたモレルは、最終回の残り1分を切ってガードを固めた。相手の左フックやボディーを堪える時間。最後は互いに残った体力を振り絞るようにパンチを繰り出した。120-108、119-109、118-110の大差判定勝ちでモレルが暫定王者となった。

 暫定王座ながら世界タイトル獲得となった22歳。動画を公開した米スポーツ専門局「FOXスポーツPBC」公式ツイッターは「すべてをリングに置いていけ。デビッド・モレルJr.とレノックス・アレンは12回まで全力を尽くした」と投稿した。昨年8月にプロデビューしたモレルの過去2勝は初回KO、2回KO。通算3ラウンドしかプロのリングに立っていないが、この日は35歳のアレンとフルラウンドを戦い抜いた。

 WBA同級は、スーパー王座にカラム・スミス(英国)、正規王座に4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)、ゴールド王座にヒョードル・チュディノフ(ロシア)が君臨している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集