[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷元同僚が珍ランニング弾 慌てる外野陣に米反響「完璧な跳ね返り」「中堅手は?」

米大リーグで5日(日本時間6日)に生まれたランニングホームランが現地で話題を呼んでいる。ライトフェンスに直撃した打球が思わぬ方向に跳ね返り、外野手が必死に追いかけるも打者走者がホームイン。まさかの光景をMLB公式が動画で公開すると、米ファンからは「完璧な跳ね返りの角度」「センターはどこにいたの?」などと反響が寄せられている。

まさかの“一発”を放ったカルフーン【写真:AP】
まさかの“一発”を放ったカルフーン【写真:AP】

ダイヤモンドバックス・カルフーンの打球は思わぬ方向に…

 米大リーグで5日(日本時間6日)に生まれたランニングホームランが現地で話題を呼んでいる。ライトフェンスに直撃した打球が思わぬ方向に跳ね返り、外野手が必死に追いかけるも打者走者がホームイン。まさかの光景をMLB公式が動画で公開すると、米ファンからは「完璧な跳ね返りの角度」「センターはどこにいたの?」などと反響が寄せられている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 ダイヤモンドバックスのコール・カルフーンがまさかの“一発”を放った。本拠地チェイス・フィールドで行われたアストロズ戦の4回無死一塁。右翼ポール際へ引っ張った打球がフェンス下部を直撃。すると、跳ね返ったボールはフェンス際を沿うように、勢いよく中堅方向へと転がっていった。

 打球を追いかけた右翼手スプリンガーは、予想外の跳ね返りに大慌て。処理に走るも、ウォーニングトラックを転がる球に結局追いつけず、センターのストローが捕球した。カルフーンは三塁を回り、内野への返球が乱れたこともあってホームイン。今季2号2ランとなった。

 昨季エンゼルスで大谷翔平と同僚だったカルフーンの珍ホームランを、MLB公式ツイッターが動画で公開。米ファンから様々な反響が寄せられている。

「個人的にランニングホームランは最高にエキサイティングなプレーだ」
「良いプレーだが、アストロズ相手となるとなおさら良いね」
「完璧な跳ね返りの角度」
「失策、悪送球、捕球も良くない、それでホームラン?」
「みんな笑っているよ」
「センターはどこにいたの? これは子どもに見せない方が……」

 ダイヤモンドバックスはこの回一挙に9得点。カルフーンのランニング本塁打が打線爆発のきっかけとなっていた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集