[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

秋山翔吾、不運トリプルプレーは「誤審」 米メディア指摘「間違いなくバウンドしていた」

米大リーグ、レッズの秋山翔吾外野手は29日(日本時間30日)、本拠地カブス戦に「1番・左翼」で先発出場。3回に右前安打、5回に中越え二塁打を放ち、移籍後初のマルチ安打をマークした。一方で7回の好機ではトリプルプレーに倒れた。しかし捕球前にワンバウンドしていたように見えるため、米メディアは「誤審のおかげ」「リプレイ検証の抜け穴」などと指摘している。

秋山翔吾は好機に不運なトリプルプレーに倒れる【写真:AP】
秋山翔吾は好機に不運なトリプルプレーに倒れる【写真:AP】

トリプルプレーの場面、米メディアは誤審を指摘

 米大リーグ、レッズの秋山翔吾外野手は29日(日本時間30日)、本拠地カブス戦に「1番・左翼」で先発出場。3回に右前安打、5回に中越え二塁打を放ち、移籍後初のマルチ安打をマークした。一方で7回の好機ではトリプルプレーに倒れた。しかし捕球前にワンバウンドしていたように見えるため、米メディアは「誤審のおかげ」「リプレイ検証の抜け穴」などと指摘している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 7点リードの7回無死満塁で打席に入った秋山。三塁線へ強烈な打球をはじき返したが、三塁手ブライアントが横っ飛びで好捕。ライナーを捕球したとみなされ1アウト。三塁走者が飛び出していたため、三塁を踏んで2つ目のアウト。そして一塁走者も離れていたため、一塁へと転送され3つ目のアウト。トリプルプレーとなった。

 だが映像を見ると、ブライアントの捕球前にワンバウンドしているように見える。このシーンを取り上げているのは米ヤフースポーツだ。「カブス、誤審のおかげで23年ぶりのトリプルプレー。リプレー検証の抜け穴」と見出しではっきりと誤審だと指摘している。

 記事では「しかしながら、カブスは誤審とリプレー検証の抜け穴に助けられた。リプレーしてみると、ブライアントがアキヤマのライナーをしっかりと捕球していないことは明らかだった。彼のグラブに収まる前に、間違いなくバウンドしていた。つまり、アキヤマはアウトにすべきではなく、試合展開も全く別のものになっていたはずだ」とつづっている。

 また米放送局「NBCスポーツ」もカブスがトリプルプレーが1997年5月ジャイアンツ戦での「8-5-4」で完成させて以来、23年ぶりだと紹介した上でこう続けている。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集