[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

VS井上尚弥から1年4か月ぶり再起戦 ロドリゲスが「9.26」ローマン戦と母国紙報道

ボクシングの前IBF世界バンタム級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)が9月26日にスーパーバンタム級に転級し、昨年5月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝のWBAスーパー&IBFバンタム級世界王者の井上尚弥(大橋)戦以来となる1年4か月ぶりの再起戦に挑むという。対戦相手は前IBF&WBAスーパーバンタム級世界王者のダニエル・ローマン(米国)になったとプエルトリコ地元紙「プリメイラ・オラ」が報じている。

エマヌエル・ロドリゲス【写真:Getty Images】
エマヌエル・ロドリゲス【写真:Getty Images】

Sバンタム級で再起戦へ、相手は元2団体王者ダニエル・ローマン

 ボクシングの前IBF世界バンタム級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)が9月26日にスーパーバンタム級に転級し、昨年5月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝のWBAスーパー&IBFバンタム級世界王者の井上尚弥(大橋)戦以来となる1年4か月ぶりの再起戦に挑むという。対戦相手は前IBF&WBAスーパーバンタム級世界王者のダニエル・ローマン(米国)になったとプエルトリコ地元紙「プリメイラ・オラ」が報じている。

【特集】【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 モンスターとのグラスゴー決戦で2回TKO負けを喫したかつての無敗王者が、スーパーバンタム級の舞台で再起を果たすことになった。記事によると、ロドリゲスは9月26日、米コネチカット州アンカスビルのカジノで行われるプレミア・ボクシング・チャンピオン(PBC)の視聴分を課金するシステム、ペイ・パー・ビュー(PPV)のカードに登場。スーパーバンタム級で元2団体統一王者のローマンと戦うと報じられている。

 井上にベルトを奪われたロドリゲスだが、三度目の正直の再起戦となる。昨年10月に元WBA世界バンタム級スーパー王者のルーシー・ウォーレン(米国)とWBC世界同級挑戦者決定戦に臨むはずだったが、ウォーレンがスパーリング中に右手を負傷したことで中止に。そこで、11月23日に代わりにルイス・ネリ(メキシコ)と対戦することになったが、ネリは前日計量で規定を1ポンド(約450グラム)の体重超過。ネリ陣営は金銭面で解決を持ちかけたが、ロドリゲス陣営は拒否し、試合中止となっていた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、遠のいていた再起戦。悲運の男が階級を1つ上げて再び世界の頂点を目指す。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集