[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カブス一塁手が敵走者に消毒液を提供 粋な“ベース上交流”に米反響「爆笑した」

米大リーグは24日(日本時間25日)に各地で開幕した。4か月遅れとなった原因は、新型コロナウイルス感染拡大だったが、カブス―ブルワーズ戦では一塁手が出塁した一塁走者に消毒液を提供し、出迎えた。なんとも印象的なシーンをMLBが動画付きで公開し、「今季MVPに選ばれるべきだね」「敵にも安全を。これ大好き」「爆笑した」と話題を集めている。

カブスのアンソニー・リゾ【写真:AP】
カブスのアンソニー・リゾ【写真:AP】

カブス一塁手リゾ、初めて出た走者に消毒液を提供して出迎え

 米大リーグは24日(日本時間25日)に各地で開幕した。4か月遅れとなった原因は、新型コロナウイルス感染拡大だったが、カブス―ブルワーズ戦では一塁手が出塁した一塁走者に消毒液を提供し、出迎えた。なんとも印象的なシーンをMLBが動画付きで公開し、「今季MVPに選ばれるべきだね」「敵にも安全を。これ大好き」「爆笑した」と話題を集めている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 これも「withコロナ」のMLBの象徴か。0-0で迎えた3回2死、ここまで1人の走者も許していなかったカブスの先発右腕・ヘンドリックスはブルワーズの9番アルシアに中前打を許した。この試合初めて出塁させたが、これを粋な演出で出迎えたのが、一塁手のリゾだった。

 一塁に到達したアルシアをじっと眺め、打撃グローブを外すのを待っている様子。そして、素手になったところで歩み寄ると、自分のポケットから何やら透明のボトルを取り出し、アルシアの手に液体を垂らした。ちょっと驚いた様子のアルシアも状況を理解すると、しっかりと手にもみ込み、塁上で“消毒”を終えていた。

 互いに笑顔を交わしたリゾとアルシア。新型コロナの感染拡大が懸念される中、グラウンド上でも国民の模範となる行動を示していた。MLB公式インスタグラムは「アンソニー・リゾ、一塁ベースで手指消毒液を握りしめる」とつづって実際のシーンを動画付きで公開すると、試合中から大きな反響を集めている。

 コメント欄では「Hahahaha」「何やってんだよ」「リゾは今季MVPに選ばれるべきだね」「敵にも安全を。これ大好き」「リゾのファンにならずにはいられない」「これ最高」「レジェンド」「リーグで最も好感度の高い選手の一人」「爆笑した」などの声が上がり、好意的に受け入れられていた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集